ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 12球団ドラ1の傾向 2018指名予想 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

高卒2年目・佐藤世那(オリックス)、サイド転向か

2017年12月15日

12/15、スポーツニッポン4面より

2015オリックスドラフト6位 佐藤世那
仙台育英高・投手・スカウト評

オリックスの佐藤世那投手(2015ドラフト6位)がサイドスローに転向する可能性が急浮上してきた。現在、台湾で開催中のウインターリーグに参加中で、前日13日の試合からサイドで投球していることが判明。球団関係者によると「試している段階で、もう少し様子を見る」と本格転向かは未定ながらも、本気で挑戦中のようだ。

佐藤世は、仙台育英で平沢(ロッテ)と一緒にプレーし、3年夏の甲子園で準優勝。その後の18Uワールドカップで日本代表として好投するなど高校野球ファンには人気投手の1人だ。15年ドラフト6位でオリックスに入団。球団の期待も高かったが、2年間で1軍登板はなく、今季のウエスタン・リーグ成績は12試合で2勝1敗、防御率5.00と不本意で、飛躍のきっかけを求めていたようだ。

オリックスでは、ここ数年でサイド転向者は続出中で、戸田、大山、古川(引退)、高木(今オフ退団)、さらに今秋季キャンプで3年目左腕の斎藤が転向したばかりだった。かつては鈴木平氏が活躍した95、96年はリーグ連覇を達成。さらに2位に躍進した14年は、比嘉がパ・リーグタイ記録の34試合連続無失点を樹立するなど、“オリックスに名サイドあり”としてファンにも認知されていた。

球団は今オフにFAで増井を獲得。今後、日本ハムに人的補償を要求される可能性があるが、佐藤世のサイド挑戦が、日本ハムに影響が出るかも注目だ。



下は2015ドラフトでオリックスが指名した選手です。6位指名・佐藤世那のスカウト評はこちら

オリックスの2015ドラフト指名選手
1位 吉田 正尚 青山学院大 外野手
2位 近藤 大亮 パナソニック 投手
3位 大城 滉二 立教大 内野手
4位 青山 大紀 トヨタ自動車 投手
5位 吉田 凌 東海大相模高 投手
6位 佐藤 世那 仙台育英高 投手
7位 鈴木 昂平 三菱重工名古屋 内野手
8位 角屋 龍太 ジェイプロジェクト 投手
9位 赤間 謙 鷺宮製作所 投手
10位 杉本 裕太郎 JR西日本 外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 10:18│ オリックス 
ドラフトニュース検索