ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

村田修一(巨人戦力外)、移籍先が決まらない理由

2017年12月16日

12/16、日刊ゲンダイ42面より

2002横浜ドラフト自由枠 村田修一
日本大・内野手・22歳

巨人を戦力外になって2カ月、今も移籍先が決まらない村田修一(2002横浜自由枠)について、球界OBがこう言う。

「今月28日で37歳を迎えるが、まだまだやれる。三塁と一塁しかできないとはいえ、レギュラーで使えば、未知数の助っ人を獲得するより打撃も守備も計算できる。戦力が乏しいロッテ、ヤクルト、中日あたりは欲しいはずですが・・・」

通算360本塁打の長距離砲は、球界で打撃と守備に関して評価が高い。だが、待てど暮らせど獲得に名乗りを上げる球団はゼロ。3年先、5年先を見据えて若手を起用したいという球団は別にしても、何とも解せない。パ球団の関係者が言う。

「村田は残り135安打に迫る2000安打達成にこだわっている。レギュラーで出たい気持ちが強く、起用法によっては不満分子になりかねない。それが原因で獲得を見送った球団があると聞いている」

マスコミ関係者は、「横浜時代のイメージが強いからです」と、こう続ける。

「当時は打てないとベンチで踏ん反り返ったり、走塁もチンタラ。中心選手としてお手本になるべきなのに野球に取り組む姿勢は悪く、首脳陣の評価は低かった。一方で後輩の面倒見が良かったものの、派閥をつくってチームの和を乱す傾向があった。かつては筒香も『村田組』の一員でした。そんなお山の大将的な性格では、チームで浮いた存在になりかねない。移籍先が決まらないのは、かつての印象が影響しているのではないか」

引き取り手は出てくるのか・・・。



下は2002ドラフトで横浜が指名した選手です。村田修一は自由獲得枠で入団し、2012年巨人へ移籍。プロでの成績はこちら

横浜の2002ドラフト指名選手
自由枠村田 修一日本大内野手
自由枠土居 龍太郎法政大投手
1巡目(指名権なし)
2巡目(指名権なし)
3巡目(指名権なし)
4巡目加藤 武治三菱ふそう川崎投手
5巡目吉村 裕基東福岡高内野手
6巡目北川 利之川崎製鉄水島内野手
7巡目飯田 龍一郎兵庫育英高投手
8巡目河野 友軌法政大外野手
9巡目堤内 健日本大投手
10巡目武山 真吾享栄高捕手
11巡目木村 昇吾愛知学院大内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 11:28│ 戦力外通告 
ドラフトニュース検索