ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 12球団ドラ1の傾向 2018指名予想 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

片山博視(楽天戦力外)、BCリーグ武蔵で再出発

2017年12月22日

12/22、デイリースポーツ8面「第2の人生へプレーボール」より

2005楽天(高校)ドラフ1巡目 片山博視
報徳学園高・投手・18歳

12年間を過ごした仙台に別れを告げ、片山(2005楽天1巡目)は新天地となる埼玉県へ引っ越し準備を進めていた。新たな働き場所は、BCリーグ・武蔵ヒートベアーズ。肩書はコーチ兼任投手。あくまでプロという立場で、野球を続ける選択をした。

05年度高校生ドラフト1位で、報徳学園から楽天に入団。191センチの長身左腕は才能を開花させ、2010年から2年連続50試合登板するなど中継ぎの一角として活躍した。だが、度重なる左肘の故障に悩まされ、2015年に打者に転向。同年オフには育成契約となり、翌年に投手に復帰したが、今年3月に左肘側副じん帯再建術(トミー・ジョン手術)を受けた。

「手術した時点で、今年でクビだろうという覚悟はしていた。腹はくくってました」。10月1日に戦力外通告を受けると、12球団合同トライアウト受験を即決。「どこか拾ってくれるところがあるかもしれない。まだやりたいっていう気持ちが強かった」。手術から全治10カ月の診断だったこともあり、周囲の反対を押しきっての決断だった。

当日はブルペンで左肘に激痛が走った。「正直、痛かったです。でも、マウンドに上がったら痛みなんてなくなっていた」。最速は134キロだったが、全力で腕を振った。

社会人チームからの誘いも来た。だが「働きながら野球をやるのか、独立(リーグ)でやるのか。NPB復帰を少しでも目指すのであれば、そこにかけてみようという気持ちがあった」。昨年に離婚したこともあり、再起へ挑戦することにためらいはなかった。

当面の目標は実戦復帰。コーチ兼任という立場での再出発に片山は「しっかり投げている姿を見せないと、と思います」と復活を目指す姿勢で、指導者として尽力するつもりだ。

「いずれはNPBに・・・。それはもちろんあります。でも、そんなことだけを考えていたら、お金を払って見に来てくれたお客さんに失礼でしょう。僕のやることは、チームを優勝させることです」。12年間で培ったプロとしての心意気を示した。



下は2005高校ドラフトで楽天が指名した選手です。1位指名・片山博視のプロでの成績はこちら

楽天の2005高校ドラフト指名選手
1巡目片山 博視報徳学園高投手
2巡目指名権なし
3巡目宇部 銀次盛岡中央高捕手
4巡目枡田 慎太郎智弁学園高外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 10:11│ 戦力外通告 
ドラフトニュース検索