ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 12球団ドラ1の傾向 2018指名予想 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

大学野球で初、東大がトラックマン廉価版を導入へ

2017年12月23日

12/23、サンケイスポーツ7面より
日本一の頭脳集団が、データ戦略に着手する。来春、東大球場のブルペンに弾道測定器を設置することが判明。東大野球部を率いる、浜田一志監督が明かした。「新たにできたブルペンに、トラックマンの機能をもったものを導入する。強化につなげたい」

高性能弾道測定器「トラックマン」は軍事レーダーシステムを応用し、球速だけでなく、球の回転数、回転軸などを測定。米大リーグ全球団が使用しており、国内では楽天が先駆けて導入。今季から巨人が東京ドームなどに設置するなど、球界の定番となっている。

「トラックマン」の設置費用が数百万円。その廉価版となる新兵器を監修したのは、東大大学院総合文化研究科の中沢公孝教授。同教授の研究室には、東大野球部OBで投手として活躍した三木豪氏も在籍している。廉価版とはいえ機能は「トラックマン」と同等。中沢教授は「(他大学で)導入実績は聞いたことがない。追随してくるでしょう」と分析。大学野球界では、史上初めての試みとなる。

今秋のリーグ戦では、法大に連勝し、2002年秋の立大戦以来の勝ち点を獲得。エース左腕の宮台(動画)は、日本ハムにドラフト7位で入団し、東大出身では6人目のプロ野球選手が誕生した。来年は大黒柱が抜けるが宮本(2年)、浜崎(2年)、小林(2年)らエース候補も台頭。1997年秋以来の最下位脱出のため、ITを駆使する。



下は2017ドラフトで日本ハムが指名した選手です。7位指名・宮台君のスカウト評はこちら

日本ハムの2017ドラフト指名選手
1位清宮 幸太郎早稲田実高内野手
2位西村 天裕NTT東日本投手
3位田中 瑛斗柳ヶ浦高投手
4位難波 侑平創志学園高投手
5位北浦 竜次白鴎大足利高投手
6位鈴木 遼太郎東北学院大投手
7位宮台 康平東京大投手


draftkaigi at 07:03│ 大学 
ドラフトニュース検索