ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

阪神、149キロ左腕・鈴木翔天(富士大)に熱視線

2017年12月24日

12/24、サンケイスポーツ5面より

鈴木 翔天 (富士大・投手)
184cm・左投左打・動画

金本監督が来季の飛躍に期待を寄せる小野。その金の卵が育った母校に、再び虎の恋人がいた。最速149キロ左腕、富士大・鈴木翔天(動画)だ。北東北大学秋季リーグで完全試合を達成した“ミスターパーフェクト”に、猛虎が熱視線を送っていることが判明した。

来年4年生となる鈴木は、富士大進学後から本格的に投手挑戦。3年時からメキメキと成長し、最速は149キロを計測するまでに変貌を遂げた。今年8月27日の八戸工大戦では、15奪三振でリーグ史上初の完全試合を達成。これは南東北、仙台六大学を含めても、初の快挙となった。

1メートル84という長身から長い手足を使い、左腕をしならせて投じるのが特徴。スピードガン以上に球が打者の手元で伸びるだけでなく、決め球はチェンジアップと変化球も多彩に操る器用さも兼ね備えている。

けん制やフィールディングも目を見張るものがあり、富士大野球部の豊田監督は「球速も速く、投げ方も全盛期の(巨人)内海投手のよう」と説明し、素材自体も「僕は小野や(富士大OBで現西武の)多和田以上だと思う」と太鼓判。2年先輩の小野も「いい投手」と認める逸材だ。

阪神の左の先発投手は能見を筆頭に、岩貞、横山らがいるが、伸び悩んでいるのが現状だ。そのため、今年のドラフトでは2位で高橋遥人(亜大)、育成ドラフト1位で石井将希(上武大)の両左腕を指名したが、左は何枚いてもいい。実際、鈴木の投球は担当の葛西スカウトが生チェック済み。いい報告が上がっているはずだ。

富士大野球部の新チームではエースとなる左腕は、来春から多和田、小野らが背負ってきた背番号「18」を受け継ぐことが決定。プロ入りした先輩の系譜をたどり、鈴木も名のごとく、大空に羽ばたいていく。



鈴木君のスカウト評はこちら

鈴木君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:03│ │阪神 
ドラフトニュース検索