ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 12球団ドラ1の傾向 2018指名予想 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

阪神はDH制導入賛成、ドラフトで一芸選手獲りやすい

2017年12月25日

12/25、サンケイスポーツ終面より

記者
「最初に気になる話題から。球界も改革の必要に迫られています。近年セ・リーグではDH制の導入が検討されています。阪神のスタンスはいかがでしょう」

坂井オーナー
「あくまでも持論です。DH制は採用したらいいと思います。打撃は魅力的だが、どうしても守るところがないという選手がいれば、その枠を使って選手を実戦で使える。選手育成のために非常に良いと思う。一芸に秀でている選手をドラフトで指名しやすい。現在では守ることを考えないといけないので、外国人も獲得しにくい」

(続けて)

「違う観点で、投手では中継ぎ投手がどうしても酷使されてしまう。打者1人投げただけでも、代打を出さなければいけない場合は、交代となってしまう。先発投手でも試合展開によっては早い回に打席が回ってきたら交代、ビハインドの試合でもリリーフ投手を5、6人使うということになってしまう。どうしても投手の酷使につながると思う」

記者
「交流戦ではパ・リーグの勝ち越しが、8年連続続いている」

坂井オーナー
「セ・リーグの各球団がDH制に慣れていないから交流戦で分が悪い・・・ということではないと思います。隔年でお互いの球場で試合があるので、条件は同じだと思います。先ほどいったように、DH制があるパ・リーグは、一芸に秀でた選手をドラフトや外国人などで獲得しやすいからではないでしょうか。投手も育成しやすい。DH制度があることによって生じた戦力差が、交流戦の結果となってあらわれていると思います」

記者
「セ・リーグ各球団の議論も白熱しそうだ。ファンの目線も大切になる」

坂井オーナー
「今後も十分議論していけば良いと思います。ファンの皆様が支持するかということも大切です」




下は2017ドラフトで阪神が指名した選手です。過去のドラフト指名選手はこちら

阪神の2017ドラフト指名選手 
× 清宮 幸太郎       
× 安田 尚憲     
1位 馬場 皐輔 仙台大 投手
2位 高橋 遥人 亜細亜大 投手
3位 熊谷 敬宥 立教大 内野手
4位 島田 海吏 上武大 外野手
5位 谷川 昌希 九州三菱自動車 投手
6位 牧 丈一郎 啓新高 投手
育1 石井 将希 上武大 投手


draftkaigi at 07:04│ 阪神 
ドラフトニュース検索