ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

行列の北村弁護士、ソフトB・中村晃の契約交渉に登場

2017年12月26日

12/26、東京スポーツ2面より

2007ソフトB高校ドラフト3巡目 中村晃
帝京高・内野手・18歳

勝訴! ソフトバンク・中村晃外野手(2007高校3巡目)が25日、ヤフオクドームの球団事務所で契約更改交渉に臨み、2000万円アップの年俸1億6000万円でサインした。初めて代理人を立て、読売テレビ系「行列のできる法律相談所」に出演している北村晴男弁護士に依頼。希望通りの出来高払いをゲットしたが、総年俸も日本一を誇る鷹の円滑な交渉には、敏腕弁護士もビックリだった。

契約更改交渉に同席したサンタクロースは、テレビでおなじみの有名人だ。代理人は、あの北村弁護士。中村晃が納得の“判決”を勝ち取った。「自分一人でやらなくてよかった。本当に感謝しています」

北村氏は「行列のできる法律相談所」に出演する「最強弁護士軍団」の一角だ。年俸は2000万円アップ。1億5000万円と推定されていた今季は1億4000万円だったといい、来季は1億6000万円となるが、付帯条件が代理人の見せ場になった。

成果は出来高払い。中村晃は「(出来高払いを)付けてもらいたかったけど、一人ではできない」と細かい交渉を専門家に託し、成功した。出場試合数や打撃成績など9項目の出来高が付き、すべてをクリアすれば、計2億円の大台にも乗る契約。「けがをしなければ、達成できる数字。モチベーションになります」と大満足した。
近い関係者の紹介で依頼が実現した北村氏は、かつて元日本ハム・武田久(現日本通運)の代理人を務めた。ボクシングの亀田興毅や大相撲の八百長問題の弁護もこなすなど、スポーツ界に詳しい人物。ただ、驚いたのは最強弁護士の方だ。

「細かいところまで、きちんとこちらの話を聞いていただいた。さすが日本一のチームをつくっている球団。大変スピーディーで、交渉も、よく理解していただけた」。現時点で、日本人だけで13人の1億円プレーヤーを抱える常勝軍団の交渉の幅の広さに、“辛口”で有名な交渉人もビックリ。

最近も来季中に国内FA権を取得する柳田と3年総額12億円の大型契約を結んだばかりだ。中村晃も2019年に権利取得が見込まれ、1年後の交渉はより細かく、重要になる。もちろん「行列のできる代理人」を予約済みだ。



下は2007高校ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。3巡目指名・中村晃のプロでの成績はこちら

ソフトバンクの2007高校ドラフト指名選手
×中田 翔  
1巡目岩崎 翔市船橋高投手
2巡目指名権なし
3巡目中村 晃帝京高内野手
4巡目藤井 翼桜井高内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:15│ │ソフトバンク 
ドラフトニュース検索