ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 12球団ドラ1の傾向 2018指名予想 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

指名漏れの知野直人(BC新潟)、来年にかける!

2017年12月26日

12/26、サンケイスポーツ終面より

知野 直人 (新潟アルビレックスBC・三塁手)
181cm・右投右打・動画

12月10日、ハードオフ新潟で地元・新潟県出身のプロ野球選手による小学生野球教室が開催された。NPBで今季初勝利を挙げたDeNA・飯塚悟史投手(日本文理高出)、元巨人捕手でBCL新潟の球団社長補佐を務める加藤健氏らの中に、18歳の知野の姿もあった。「子供に野球を教えるのは楽しい。来年こそ、自分もNPBのユニホームを着て参加したい」

県外の高校を卒業後、新潟の練習生として今季をスタート。7月13日に選手契約を結ぶと、思い切りのいい打撃と50メートル走6秒0の俊足、内野守備での強肩をアピール。9月10日の最終戦では4番に座り、逆転三塁打と本塁打の2安打3打点。28試合に出場し、打率.350、4本塁打、21打点、8盗塁と能力を示した。

「練習生の時にバックネット裏で相手投手の配球や球種を記録していたので、その後に生かせた。無駄ではなかった」。走攻守で可能性を見せ、ドラフト前にはNPBの複数球団がリストアップ。BCL選抜の一員としてNPBファームとの交流戦に出場したが、そこでアピールできず、ドラフトでの指名もなかった。

「いざネット裏に各球団のスカウトが並んでいるのを目にしたら、自分のプレーができなかった。自分の弱さだった」。それでも今年を振り返り「1年目から活躍できるとは思っていなかった」と、来季のさらなる飛躍を誓った

「ロッテのスタンリッジ投手らと対戦して、自分にはまだ力がないと感じた。でも追いつけないレベルではない。あのレベルの球を打ち返せるよう努力したい」。
このオフは自主トレのかたわら、平日は地元のホームセンターでアルバイトに励み、休日には野球教室などの地域貢献活動で汗を流す。

「来季は年齢も一つ上がる。さらに成長しなければスカウトにもアピールできない。今季以上の数字を残すことが目標」。今年のドラフトでは、知野と同学年の滋賀・山本祐大(DeNA9位)、富山・和田康士朗(ロッテ育成1位)がNPB入り。次は知野の番だ。



下は知野君のバッティング動画です。



draftkaigi at 10:23│ 独立リーグ 
ドラフトニュース検索