ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 12球団ドラ1の傾向 2018指名予想 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

2018高校野球の展望、プロ注目選手&優勝校予想

2017年12月27日

12/27、デイリースポーツ6面「週刊デイリー高校野球」より


デスク

「来年は高校野球にとって節目の年。まずは第90回大会を迎えるセンバツから聞いてみようか」

藤田記者
「注目の選手は中央学院の大谷(スカウト評)ですね。最速145キロの右腕で、明治神宮大会でも逆方向に一発を放った打撃もすごい二刀流です」

デスク
「名前が大谷というのがいいね。他には」

藤田記者
「明秀学園日立にも注目です。プロ注目の遊撃手・増田は長打力があり、最速144キロ右腕の細川は兄がDeNAの細川。東海大相模の右のスラッガー・森下、慶応の左腕・生井や、関東以外では花巻東の大型右腕・西舘も注目です」

デスク
「なるほと。西日本はどう?」

西岡記者
「大阪桐蔭は来年もすごいです。柿木(スカウト評)、横川の両投手、野手では根尾(スカウト評)藤原(スカウト評)山田(スカウト評)と力のある選手がそろっています」

デスク
「スターぞろいだね」

西岡記者
「プロ注目の主砲・林とエース・平田を擁する智弁和歌山も強力です。瀬戸内の門叶は秋季中国大会で1試合4発を放った長打が魅力。明徳義塾の市川(スカウト評)もプロ注目の右腕です。学校では京都の公立校の乙訓や、長崎大会と九州大会で優勝した創成館も面白そうです」

デスク
「そのセンバツからタイブレークが導入されるね」

西岡記者
「夏も導入される見通しですが、高校野球が大きく変わる1年になると思います。いったん、試合の流れを切るルールだけに現場がどう対応するのか」

藤田記者
「確かに導入は歴史的なことです。ただ、数試合タイブレークが行われれば意外と受け入れられるのではと思っています」

デスク
「高校球界にとっては転換期になるのは間違いないね。大きな節目と言えば、夏の甲子園も来年で第100回を迎える」

藤田記者
「出場校が多く、千葉、埼玉、愛知、神奈川、大阪などから2校が出場します。例年にない顔ぶれに期待したいですね」

西岡記者
「各校が節目の大会に向け、チーム強化に取り組んでいます。過去の歴史の中でもレベルの高い試合が期待できます」

デスク
「最後に春夏の甲子園優勝校を予想してもらおうか」

藤田記者
「センバツは春に強い東海大相模。夏は地力ナンバー1の大阪桐蔭だと思います」

西岡記者
明徳義塾智弁和歌山も怖いですが、大阪桐蔭の史上初となる2度目の春夏連覇が最有力だと思います」

デスク
「来年も高校野球から目が離せない1年になるね」

draftkaigi at 07:06│ 高校 
ドラフトニュース検索