ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 12球団ドラ1の傾向 2018指名予想 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

ヤクルト、2年後のドラフト候補に村上友幸(東海大)

2017年12月30日

12/30、サンケイスポーツ4面より

村上 友幸 (東海大・投手)
193cm・右投右打・動画

ヤクルトが、ドラフト1位・村上宗隆捕手の2学年上の兄で、東海大の村上友幸投手(2年)をドラフト候補として注視していることが29日、分かった。友幸は最速148キロを誇る1メートル93の大型右腕。指名は早くても2019年だが、ヤクルトに入団すれば“兄弟選手”として大きな注目を集めそうだ。

隠れた逸材が“身内”にいた。ヤクルトは今秋のドラフト会議で1位指名した村上の2学年上の兄、友幸に注目。2019年のドラフトに向け、視察を続ける方針だ。

「2年生ですし、伸びしろがあります。まだオープン戦でしか投げていないけど、楽しみな投手。身長が高く、他の選手より頭一つ抜けている。弟がドラフト1位だから刺激を受けているようです」と、17年まで東海大を担当した斉藤宜之スカウトが説明した。

友幸は最速148キロを誇る身長1メートル93の大型右腕。東海大熊本星翔高では2年秋からベンチ入りし、3年春の熊本県大会で準優勝。3年夏の県大会は8強で甲子園出場を逃したが、将来性を高く評価されていた。16年に東海大へ進学。今後の主戦投手候補の一人に挙がっている。

「弟がプロに行くことになって、もっと頑張らないといけないと思いました。制球力と球の質、変化球の精度を上げたい」と飛躍を期す兄に、小川監督も「2年後にどうなるか楽しみ。村上のお父さんに『(兄を)よろしくお願いします』といわれた」と期待する。

弟はプロ入り後に捕手から三塁手に転向するため、兄弟バッテリーが実現する可能性は低いが、兄弟が投打で活躍し、燕に勝利をもたらす日が来るかもしれない。




村上君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

draftkaigi at 07:06│ ヤクルト 
ドラフトニュース検索