ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 12球団ドラ1の傾向 2018指名予想 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

林昌範(DeNA戦力外)、自動車教習所で勤務

2017年12月30日

12/30、スポーツ報知4面より

2001巨人ドラフト7巡目 林昌範
市立船橋高・投手

巨人、日本ハムでリーグ優勝を経験した(2001巨人7巡目)が、16年間のプロ野球人生に幕を下ろした。「この2年間、チームの戦力になれなかった。本当に申し訳ないというのが、正直なところですね・・・」。3年契約の最終年だった今季は2年連続で1軍登板がなく、9月末に来季構想から外れていることを通達された。肩、肘に不安はなかったが、トライアウトでは打者4人に3安打1四球。潔く現実を受け止めた。

千葉・市立船橋高から01年のドラフト7巡目で巨人に入団。忘れられないのがプロ初登板だ。03年6月28日の中日戦。先発して7回1死まで無安打に抑え、7回1安打無失点と好投した。「最初のチャンスを与えてくださったのが原監督、鹿取コーチでした。今まで出会った指導者の方々には、感謝の気持ちしかありません」。

19歳だった若者にとって、全てが財産。「無心で来い」とマウンドで背中を押してくれた阿部にも、ユニホームを脱ぐことを伝えた。

トレードで渡った日本ハム、戦力外からはい上がったDeNAで通算421試合登板。14年にリリーフ投手では珍しい“12球団勝利”も達成した。今後は父・敬さんが自動車教習所を運営している縁もあり、船橋中央自動車学校で経営学を学ぶ予定

「指導者になりたい目標があります。野球そのものの知識や考えの幅を広げたい」と大学院進学も視野に入れている。34歳。第二の人生も全力投球する。



下は2001ドラフトで巨人が指名した選手です。林昌範は7巡目指名され入団。プロでの成績はこちら

巨人の2001ドラフト指名選手
自由枠 (行使せず)
自由枠 (行使せず)
1巡目 真田 裕貴 姫路工高 投手
2巡目 (指名権なし)
3巡目 鴨志田 貴司 水戸短大付高 投手
4巡目 石川 雅実 JR東日本 投手
5巡目 十川 雄二 池田高 投手
6巡目 大須賀 允 東北福祉大 内野手
7巡目 林 昌範 市立船橋高 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:05│ 戦力外通告 
ドラフトニュース検索