ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

阪神、地元関西の高校生3人を密着マーク

2017年12月31日

12/31、スポーツニッポン1面より
戌年は地元に原石が埋まっている。大阪桐蔭・根尾昂内野手(動画)同・藤原恭大外野手(動画)報徳学園・小園海斗内野手(動画)・・・。阪神の球団関係者は近畿の高校生野手3人に大きな期待を寄せ、年始から密着マークする方針を示した。

「関西の高校生なら根尾、藤原、小園。3人とも、まだ清宮、安田クラスの目玉というわけではないが、一冬を越えて、体ができてきたら、一気に目玉になる可能性を秘めている選手。担当スカウトが追いかけていくことになるだろう」

いずれ劣らぬ才能の持ち主だ。根尾は177センチながら、投げては最速148キロ、打っては通算20本塁打、守っても軽快なフットワークとグラブさばきを誇る遊撃手で、50メートル走6秒1の俊足も併せ持つ野球センスのかたまりだ。

同僚の藤原は181センチ、80キロの均整の取れた体格で50メートル走5秒7、通算21本塁打と走攻守三拍子を兼ね備える。藤原とともにU-18日本代表に選ばれた小園も名門で1年春からベンチ入りし、50メートル走5秒8の俊足と広い守備範囲を誇る高校球界屈指の遊撃手だ。

現時点では今秋ドラフトで1位指名された早実・清宮、履正社・安田のような目玉ではなくても素材は一級品。球団関係者が前例に挙げたのがヤクルト・山田だった。「履正社の時の山田もそうだった。2年秋までは体ができていない印象だったが、ひと冬越えて見違えて、最後の夏には1位候補になっていたから」

3人とも分類するなら山田タイプと言っていい。兵庫県出身で履正社へ進んだ山田も2年秋までは体の線が細く、知る人ぞ知る存在だった。ひと冬を越えた3年春の大阪大会でスカウトの注目を集め、夏の甲子園が終わった時には1位候補にまで成長した。最終的に外れ外れ1位でオリックスと指名が競合し、抽選を経てヤクルトへ入団。15年から2年連続でトリプルスリーを達成し、いまでは球界のスターになった。

球団関係者は「藤浪を獲得した時のように特に将来のスター候補、主軸候補になる可能性を秘めた地元の選手は、どうしても獲りたい」と強調。3選手には年始から担当スカウトが密着し、山田2世の可能性を見極めていく予定だ。



藤原君(大阪桐蔭)のスカウト評はこちら

根尾君(大阪桐蔭)のスカウト評はこちら

小園君(報徳学園)のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:04│ │阪神 
ドラフトニュース検索