ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

岩尾利弘(西武戦力外)、第二の人生は打撃投手

2017年12月31日

12/31、スポーツ報知4面より

2009西武ドラフト3位 岩尾利弘
別府大・投手

岩尾(2009西武3位)の表情はスッキリとしていた。「引退してもいいかなと思った。もう今年ダメだったらと思っていたので、踏ん切りはつきました」。今季、2軍で33試合に登板も1軍での出場はなく、シーズン終了後に戦力外通告を受け、8年間のプロ生活に終止符を打った。

15年シーズンには中継ぎとして自己最多の21試合に登板。4月12~22日にかけて9者連続奪三振を達成した。4試合にまたがるため参考扱いだが、梶本隆夫(阪急)、土橋正幸(東映)のプロ野球記録に並んだ。「いいときは打たれる気がしなかった」と力強い直球と、得意のツーシームを武器に輝きを放った。

一方で「突然悪いときがやってくる。野球人生がそんな感じだった」という。14年7月のイースタン・ヤクルト戦では、先発したものの7回19安打13失点の大炎上を経験している。「印象に残っているのは、いいことと悪いことですね」と明るく語れるのも全力を尽くしたからこそだ。

来季からは打撃投手としてチームに貢献する。「僕は西武が好き。50試合も投げていないのに、チームに8年間もいさせてもらった。恩返しをしなくちゃいけないと思っています」



下は2009ドラフトで西武が指名した選手です。岩尾利弘は3位指名入団。プロでの成績はこちら

西武の2009ドラフト指名選手
1位菊池 雄星花巻東高投手
2位美沢 将第一工大内野手
3位岩尾 利弘別府大投手
4位石川 貢東邦高外野手
5位松下 建太早稲田大投手
6位岡本 洋介ヤマハ投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:29│ 戦力外通告 
ドラフトニュース検索