ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 スカウト評価
2018指名予想 12球団情報まとめ 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

DeNA・ラミレス監督、「高校野球の監督やりたい」

2018年01月15日

1/15、スポーツ報知5面より
DeNAのアレックス・ラミレス監督が14日、都内で行われた野球指導者講習会で講演などを行い、将来的な高校野球の監督就任に強い意欲を示した。選手として外国人初の名球会入りを果たすなど、日本プロ野球界に数々の歴史を刻んできたラミ監督が、壮大な夢を口にした。インタビュー形式で行われた講演の中で、高校野球の監督になりたいかと聞かれた時のことだ。

「答えはイエスです。自分がコウコウヤキュウの監督になれば、新しい世代の選手の土台づくりができるんじゃないかと思っています。強豪校の監督さんは、いかに多くの選手を上のレベルに送るかが大きなチャレンジになっていると思います。そこは自分が監督になっても、かなりやりがいのあることだと思います」

決してリップサービスではない。昨夏の甲子園を制した花咲徳栄高(埼玉)の岩井隆監督らとのパネルディスカッションを終えて報道陣の取材に応じた際も「高校生は若く、人間的な成長という部分にもいろいろ携われる。プロに行くとか、人生の次のステップを指導できるのは魅力的だと思う」と力説した。

元プロが学生野球の指導者になるための条件が大幅緩和された2013年以降、高校野球でも多くの元プロ監督が誕生しているが、外国人はいない。NPB関係者によると、ラミレス監督のように日本の高校野球を経験していなくても、研修会を受講するなどすれば、学生野球資格を取得することは可能だという。

元プロに限らなくても、外国人の高校野球監督が誕生すれば超異例だ。しかも、それがプロでの監督経験者となれば、前代未聞の転身となる。「今はDeNAを強くすることで頭がいっぱい」と言うが、いつの日か高校球界に新風を吹き込む。



下は2017ドラフトでDeNAが指名した選手です。過去のドラフト指名選手はこちら


DeNAの2017ドラフト指名選手
1位東 克樹 立命館大投手
2位神里 和毅日本生命外野手
3位阪口 皓亮北海高投手
4位斎藤 俊介JX-ENEOS投手
5位桜井 周斗日大三高投手
6位寺田 光輝BCリーグ石川投手
7位宮本 秀明パナソニック内野手
8位楠本 泰史東北福祉大内野手
9位山本 祐大BCリーグ滋賀捕手
育1中川 虎大箕島高投手


draftkaigi at 07:00│ 横浜DeNA 
ドラフトニュース検索