ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 スカウト評価
2018指名予想 12球団情報まとめ 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

中日ドラ1・鈴木博志、「与田クラス」の声

2018年01月17日

1/17、中日スポーツ1面より

2017中日ドラフト1位 鈴木博志
ヤマハ・投手・動画

ついにベールを脱いだ。ナゴヤ球場に隣接する屋内練習場のブルペンで181センチ、95キロの巨体が振りかぶる。ゆったりとしたフォームから放たれたきれいな回転のボールがミットに突き刺さった。捕手を立たせて21球を投げ込むと、充実した表情をのぞかせた。

「社会人時代とは違う雰囲気で、少し落ち着かなかったですけど、ボールはいい感じでした。力の入れ具合は7割くらいですね」。傾斜を使った投球は昨年12月中旬以来、1カ月ぶりだった。

期待のドラ1の投球を見守ったコーチ陣が口にしたのは大柄な体に反したボールの質だ。小笠原2軍投手コーチが「体格の割にはフォームが柔らかくて、スピンの効いた球を投げていた。低めに決まれば面白い」と期待を込めれば、勝崎コンディショニングコーチは「パワーピッチャーだと思っていたけど、ボールのキレがあった。こういう投手は最近見ないね」と驚いた。

さらに投球を受けた杉山は「もっと回転軸がぶれているボールを想像してたけど、きれいな回転をしていた。指に掛かったボールは手元でグッと伸びてきた」と話した。予想をいい意味で裏切ったギャップが、プロの先輩たちをうならせた。

中田アマスカウトディレクターは鈴木博とある球団OBの姿を重ねる。「手元のボールの伸びは与田みたい」。1年目から抑えとして活躍し、新人王とセーブ王を獲得した剛腕を引き合いに出した。「鈴木博は速さばかりに目が行くけど、彼の持ち味はキレ。140キロ後半の球をコースに投げればプロでも簡単には打てないと思うよ」。速いだけではない。独特のキレ味も評価されての1位指名だったのだ。

上々の評価を得た初ブルペン。19日からの合同自主トレ第2クールでは、捕手を座らせての投球も視野に入れながら、「焦らずにやることが大事だと思うので」とはやる気持ちにブレーキをかけることも忘れない。「まだ状態は上げていけると思いますよ」。不敵に笑うその姿に期待は膨らむばかりだ。



下は2017ドラフトで中日が指名した選手です。1位指名・鈴木君のスカウト評はこちら

中日の2017ドラフト指名選手
×中村 奨成   
1位鈴木 博志ヤマハ 投手
2位石川 翔青藍泰斗高投手
3位高松 渡滝川二高内野手
4位清水 達也花咲徳栄高投手
5位伊藤 康祐中京大中京高外野手
6位山本 拓実市立西宮高投手
育1大蔵 彰人四国IL・徳島投手
育2石田健人マルク龍谷大投手



draftkaigi at 07:25│ 中日 
ドラフトニュース検索