ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 スカウト評価
2018指名予想 12球団情報まとめ 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

元・巨人スカウトが死去、阿部慎之助ら獲得に尽力

2018年01月18日

1/18、スポーツ報知2面より
巨人の元スカウト部専任次長として選手獲得に尽力してきた中村和久氏が17日午前10時5分、都内の病院で死去した。70歳だった。通夜は25日午後6時から、告別式は26日午前10時30分から、いずれも東京都八王子市大横町14の22、セレモア八王子大横町会館にて。喪主は妻・さよ子さん。

中村氏は1947年10月6日、三重県生まれ。高田高では強打者として鳴らし、名商大を経て、社会人野球のリッカーに入社。都市対抗野球には2度出場した。74年からはマネジャー、コーチなどを歴任し、72年からは監督を務めた。中西清起投手(1983阪神1位)らを育てたが、82年に同社が倒産。「情熱あふれる人情家」と言われていた中村氏は、所属選手の再就職先探しに奔走した。

85年、巨人スカウトに転身。アマチュア時代に築いた幅広い人脈と人柄で元木大介(1990巨人1位)岡島秀樹(1993巨人3位)高橋尚成投手(1999巨人1位)ら多くのスター選手を獲得した。

特に逆指名制度の中でヤクルト、西武と争奪戦になった中大・阿部慎之助(2000巨人1位)を密着マーク。誰よりも早くグラウンドに顔を出すなど誠意を見せ、巨人入団へと導いた。阿部は逆指名会見の中で「スカウトの方の熱意が伝わりました」と話している。

09年12月に巨人退団後はベースボールアナリストとしてアマ有望選手の評論活動をしていたが、昨年11月からは入院生活を送っていた。



下は2000ドラフトで巨人が指名した選手です。阿部慎之助は1位指名入団。プロでの成績はこちら


巨人の2000ドラフト指名選手
1位阿部 慎之助中央大捕手
2位上野 裕平立教大投手
3位三浦 貴東洋大投手
4位根市 寛貴光星学院高投手
5位川本 大輔広陵高投手
6位山下 浩宜九共大八幡西高内野手
7位小野 剛武蔵大投手
8位李 景一敦賀気比高捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 06:59│ 巨人 
ドラフトニュース検索