ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 スカウト評価
2018指名予想 12球団情報まとめ 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

2018期待の新人、伊藤翔(西武ドラフト3位)

2018年01月19日

1/19、スポーツニッポン4面より

2017西武ドラフト3位 伊藤翔
徳島インディゴソックス・投手・動画

テークバックは小さいが、腕の振りは鋭さがある。18日の新人合同自主トレで2度目のプルペン入り。直球のみで「6、7割」と振り返った30球に、伊藤(動画)は好感触を得た。「最初に(ブルペンに)入ったときよりは感覚も出てきた。去年に近い感じで投げられた。キャンプには100%に近いところまで持っていきたい」

2月10日の早生まれのため、まだ18歳。横芝敬愛卒業後、四国アイランドリーグplus・徳島に1年所属してドラフト指名を受けた。「外国人選手との対戦がいい経験になった」。メジャー通算555本塁打のマニー・ラミレスや前巨人のアンダーソンらとも対戦するなど、今年が高卒2年目ながら経験値は高い。

12日に新人合同自主トレを視察した辻監督も非凡さを口にした。「ノックを受ける姿を見ていてもセンスがあると感じる。野手でもやっていけるんじゃないかって、フットワークもいいしね」。キャンプは1軍スタートを決めた。

最速152キロの直球と、スライダーが武器。「西口さんと話してみたい。スライダーが凄く印象にある。僕も自信を持っているので」。現在1軍投手コーチを務める憧れの右腕の話を聞くためには、1軍に定着する必要がある。「自主トレからしっかり体をつくって、目標の開幕ローテを勝ち取りたい」と1年目の目標は高い。

お菓子好きで、入寮の際に10円ガムを箱買いして持参したあたりは初々しい。それでも「アピールしたい気持ちはある。だけど、力が100%出せるようになったらアピールしたい」と、プロ生活のスタートに浮ついたところはなかった。



下は2017ドラフトで西武が指名した選手です。3位指名・伊藤君のスカウト評はこちら

西武の2017ドラフト指名選手
×田嶋 大樹  
1位斉藤 大将明治大投手
2位西川 愛也 花咲徳栄高外野手
3位伊藤 翔四国IL・徳島投手
4位平良 海馬 八重山商工高投手
5位与座 海人岐阜経済大投手
6位綱島 龍生糸魚川白嶺高内野手
育1高木 渉真颯館高外野手
育2斉藤 誠人北海道教育大捕手


draftkaigi at 06:50│ 西武 
ドラフトニュース検索