ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

オリックスドラ1・田嶋大樹、首脳陣絶賛の嵐

2018年01月21日

1/21、サンケイスポーツ5面より

2017オリックスドラフト1位 田嶋大樹
JR東日本・投手・動画

ついに、社会人ナンバーワン左腕がベールを脱いだ。ブルペンに乾いた音が響く。田嶋(動画)がプロ入り後初のブルペン入り。ノーワインドアップ、セットポジションと感触を確かめるように、左腕をしならせた。「きょうは最初だったので身体を流す程度に。感覚は悪くなかったです。ブルペン入りは去年の12月以来だったので、いろいろと確認して」。心地よさそうに汗をぬぐった。

捕手を立たせ、直球のみを26球。ノーワインドアップ時には右打者の外角に。セット時には、右の内角にクロスファイヤーを投げ込んだ。「右にクロスを入れるような感じでやっている。それが武器なので、そこは練習しています。今後は左右、同じように投げられるように」と意気込んだ。

ドラ1の初投げには、首脳陣も熱視線。ネット越しから平井1軍投手コーチ、小松2軍投手コーチ、酒井育成コーチと現役時代の“新人王トリオ”が、食い入るように見つめた。平井コーチは「球持ちが良くてキレのある球を投げる」と分析し、小松コーチは「ランディ・ジョンソンみたい」と例えた。

本人は他の選手を参考にしていないが、確かにスリークオーター気味のフォームは、メジャー通算303勝左腕に近い。投球時に右足を上げた際、左足1本でしっかり間を作る体幹の強さもある。小松コーチも「(左)腕の位置というか、軸からのボディーターンが素晴らしい。しっかりストップがかかって、腕もしなやか」と力説し、「活躍するにおいがプンプンする。なかなか打てない」と絶賛した。

“和製ランディ”は、「全部入ります。慣れるまでやる」と、新人合同自主トレ中は休養日以外、すべてブルペン入りすることを宣言。社会人時代と同じハイピッチ調整で「それを目指してます」と掲げた新人王に向け、ロケットスタートを切る。



下は2017ドラフトでオリックスが指名した選手です。1位指名・田嶋君のスカウト評はこちら

オリックスの2017ドラフト指名選手
1位田嶋 大樹JR東日本投手
2位鈴木 康平 日立製作所投手
3位福田 周平NTT東日本内野手
4位本田 仁海星槎国際湘南高投手
5位西村 凌SUBARU捕手
6位西浦 颯大明徳義塾高外野手
7位広沢 伸哉大分商高内野手
8位山足 達也ホンダ鈴鹿内野手
育1稲富 宏樹三田松聖高捕手
育2東 晃平神戸弘陵高投手
育3比屋根 彰人飛龍高投手
育4木須デソウザフェリペ御殿場西高捕手


draftkaigi at 06:59│ │オリックス 
ドラフトニュース検索