ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

2018期待の新人、西村凌(オリックスドラフト5位)

2018年01月23日

1/23、スポーツニッポン4面「球界新士録」より

2017オリックスドラフト5位 西村凌
SUBARU・捕手・動画

大阪・舞洲にあるオリックスの選手寮「青濤館」。5位・西村(動画)の自室にはテレビがないなど生活感はない。「大好きなんです」と語る吉本新喜劇座長・小藪千豊の動画を見られるスマートフォンさえあれば十分らしい。

「的確に的を射て毒を吐く。そこが面白かったし、考え方が魅力的。人志松本のすべらない話とかユーチューブにアップされている小藪さんの動画は、ほぼ全て見ましたね」

人懐っこい笑顔と、明るい性格の持ち主。捕手として必須能力の一つは。お笑いで悟った。滋賀県湖南市出身。地元関西に根付く吉本新喜劇は身近だった。「毎週土曜は新喜劇を見てましたね。午前中に野球の練習があって、帰ったら着替えもシャワーも浴びないまま、母親に、あんた着替えな!って言われながら、テレビをつけて笑ってました」

青森山田時代では寮生活でスマホ禁止のため、一時は封印していたお笑い熱だったが、社会人のSUBARU入り後に再燃。今では小藪の動画閲覧は就寝前のルーティンとなっている。

高校では俊足の強肩捕手として注目を集めたが、SUBARU時代の15年5月に右肩の関節唇を損傷。故障が理由で外野手に転向しており、プロでは2年半ぶりの捕手再挑戦となる。「ケガをしてから捕手をやっていなかったですから。感覚は、まだまだ。自分の武器を一つでも多くしていくしかない」。

昨年末には約40万円をかけてレーシック手術を受け視力は両目とも0.1から2.0に回復した。昨年は若月が88試合に先発マスクをかぶったのが最多。正捕手争いに西村が割って入る可能性はある。



下は2017ドラフトでオリックスが指名した選手です。

オリックスの2017ドラフト指名選手
1位田嶋 大樹JR東日本投手
2位鈴木 康平 日立製作所投手
3位福田 周平NTT東日本内野手
4位本田 仁海星槎国際湘南高投手
5位西村 凌SUBARU捕手
6位西浦 颯大明徳義塾高外野手
7位広沢 伸哉大分商高内野手
8位山足 達也ホンダ鈴鹿内野手
育1稲富 宏樹三田松聖高捕手
育2東 晃平神戸弘陵高投手
育3比屋根 彰人飛龍高投手
育4木須デソウザフェリペ御殿場西高捕手


draftkaigi at 06:55│ │オリックス 
ドラフトニュース検索