ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 スカウト評価
2018指名予想 12球団情報まとめ 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

ラミレス監督(DeNA)、日本国籍取得へ

2018年01月23日

1/23、スポーツ報知3面より
大好きな日本と日本人へ、ラミレス監督は何度も感謝を口にした。01年にヤクルトに入団してから18年。もはや日本人になるのは自然のなりゆきだった。

「今シーズン、私は日本国籍を取得します。日本を愛しているし、日本の方々を愛しています。ここに来て非常に多くのものを学び、身になって今こういう立場になれた。ここまでこられたのは本当にいろいろな方々の支えがあった。その方々にお返しというか、貢献していきたい」と、感慨深い表情で説明した。

ラミレスはヤクルトに入団した来日1年目から活躍し、3年目には本塁打王、打点王を獲得。安定した成績を残し続け、13年には外国人選手初の2000安打を達成するなど、計3球団、通算13年日本でプレー。日本のファンが喜ぶならと、本塁打を打った際には「アイーン」「ゲッツ」などのパフォーマンスで観衆の心をつかんだ。

本格的に帰化を考えたのはDeNA監督に就任した16年。15年に美保夫人と再婚し、剣侍君(2歳)も生まれていた。「私の妻も日本人ですし、もちろん息子も日本人。どこか他の国で住むという考えもない。日本が私の住む場所」と永住を決意。1年半前に帰化申請を開始し、最終の面談を待つのみとなり発表に至った。

16歳で離れた母国の両親には「ベネズエラより日本にいる期間が長いしね」と歓迎されたという。過去、球界では郭源治(中日)などが帰化した例はあるが、引退後となると異例だ。現在のところ、名前を漢字に変更する予定はない。

すでに将来的に高校野球の指導者にも興味を示していたが「何年先になるかわからないですけど、日本人として日本代表のユニホームを着る、代表の監督をやる、というのが最高の夢」と、侍ジャパンも目指す。外国人でも指揮官就任へ支障はないが「日本人だからこそふさわしいと思ってもらえることもある」と日の丸を意識。これからは日本人・ラミレスとして、思う存分球界に恩返ししていく。



下はラミレス監督のNPBでの成績です。

年度所属球団
 

 

 



 

 
2001 ヤクルト 138 510 143 29 88 .280
2002 ヤクルト 139 539 159 24 92 .295
2003 ヤクルト 140 567 189 40 124 .333
2004 ヤクルト 129 525 160 31 110 .305
2005 ヤクルト 146 596 168 32 104 .282
2006 ヤクルト 146 603 161 26 112 .267
2007 ヤクルト 144 594 204 29 122 .343
2008 巨人 144 548 175 45 125 .319
2009 巨人 144 577 186 31 103 .322
2010 巨人 144 566 172 49 129 .304
2011 巨人 137 477 133 23 73 .279
2012 DeNA 137 476 143 19 76 .300
2013 DeNA 56 130 24 2 14 .185
1軍通算成績 1744 6708 2017 380 1272 .301


draftkaigi at 07:00│ 横浜DeNA 
ドラフトニュース検索