ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

2018期待の新人、湯浅大(巨人ドラフト8位)

2018年01月24日

1/24、スポーツニッポン4面「球界新士録」より

2017巨人ドラフト8位 湯浅大
健大高崎高・遊撃手・動画

「機動破壊」の教えはプロでも生きる。昨秋のドラフト会議で支配下登録として指名された唯一の高校生。高崎健康福祉大高崎からドラフト8位で入団した湯浅(動画)が、新人合同自主トレで俊敏な動きを見せている。

50メートル走は6秒0。機動力自慢のチームで1番打者を務め、走塁には自信を持つ。スピードを殺さないスライディングが得意だ。「ケツをつけると遅くなるし、見栄えが悪くてアウトに見える」と左膝下の外側を使って滑り、「(ベースに)右足を刺す」とイメージをつくりあげる。

俊敏さは内野守備でも際立つ。打球への反応と捕球に至るまでが速い。「足が止まると自分のバウンドで捕れない。足を動かして捕る場所までしっかり走ろう」と意識する。送球までの動作も速い。「捕りやすいところに入れば、自然と握り替えも速くなる」

高校時代の練習のたまものだ。冬場には、手でゴロを転がしてもらって捕球を繰り返した。15分1本を6セット。この基礎練習を徹底してフットワークを身につけた。

精神的にも強くなった。高校は群馬県富岡市の自宅から通学可能だったが、親元を離れて寮生活を選んだ。2年生秋からは主将に就任し、センバツ出場に貢献したが右手首骨折で、聖地では代走や守備固めなどに終わった。最後の夏は群馬大会決勝で敗れた。それでも「いろいろと経験させてもらって、凄く感謝している」と3年間を振り返った。

憧れは同じ右打者で遊撃手の坂本勇。「打撃や守備のことを自分から聞きにいって勉強したい」。きょう24日が誕生日の18歳は、その成長スピードも驚くべきものを見せていく。



下は2017ドラフトで巨人が指名した選手です。8位指名・湯浅君のスカウト評はこちら

巨人の2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
×村上 宗隆  
1位鍬原 拓也中央大投手
2位岸田 行倫 大阪ガス捕手
3位大城 卓三NTT西日本捕手
4位北村 拓己亜細亜大内野手
5位田中 俊太日立製作所内野手
6位若林 晃弘JX-ENEOS内野手
7位村上 海斗 奈良学園大外野手
8位湯浅 大健大高崎高内野手
育1比嘉 賢伸 盛岡大付高内野手
育2山上 信吾常磐高投手
育3笠井 駿東北福祉大外野手
育4田中 優大羽黒高投手
育5広畑 塁 立正大捕手
育6小山 翔平関西大捕手
育7折下 光輝 新野高内野手
育8荒井 颯太 関根学園高外野手


draftkaigi at 07:00│ │巨人 
ドラフトニュース検索