ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

松坂大輔(前ソフトB)、中日の入団テスト合格

2018年01月24日

1/24、サンケイスポーツ3面より

1998西武ドラフト1位 松坂大輔
横浜高・投手・18歳

今季限りでソフトバンクを戦力外となった松坂大輔投手(1998西武1位)が23日、ナゴヤ球場の室内練習場で中日の入団テストを受けて合格した。森繁和監督らが見守る前で変化球も織り交ぜて34球。復活を誓う右腕は「開幕ローテを目指して頑張りたい」と意気込みを示した。1年契約で年俸は昨季4億円から約96%減の1500万円となった。背番号は本人の希望で「99」に決まった。


記者
「合格の言葉は」

松坂大輔
「はっきりとはいわれていない。『着替えてしっかり会見をやってこい』といわれたので、そういうことかな、と」

記者
「今の状態は」

松坂大輔
「6、7割くらいまでは来ているんじゃないか。開幕までに100%にもっていけるよう、やっていきたい」

記者
「5年連続Bクラスのチームに貢献は」

松坂大輔
「日本に戻ってきて3年間、まともに投げていないので大きなことは言えない。大した力になれないかもしれないけど、チームが少しでも上にいけるような存在になれるようにやりたい」

記者
「若い投手陣へは」

松坂大輔
「答えられることがあれば何でも答えていきたい。監督からは『バッティングを教えてくれ』といわれている」

記者
「中日の印象は」

松坂大輔
「個人的に竜が好きで、グラブにも刺繍(ししゅう)するくらいなので。強い、いやらしいチームというイメージはある。本当に竜が好きなので縁があるのかな、と勝手に思っている」

記者
先発は」

松坂大輔
「もちろん先発はやりたいけど、チームのニーズに応えられるよう、準備したい」

記者
「今の率直な思いは」

松坂大輔
「けがをして、投げられずにあきらめることはしたくなかった。場所(チーム)は変わるかもしれないが、投げきって(現役を)終わりたい」



下は1998ドラフトで西武が指名した選手です。1位・松坂大輔のプロでの成績はこちら

西武の1998ドラフト指名選手
1位松坂 大輔横浜高投手
2位赤田 将吾日南学園高内野手
3位星野 智樹プリンスホテル投手
4位柴田 博之東北福祉大外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 09:10│ │戦力外通告 
ドラフトニュース検索