ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

2018期待の新人、高松渡(中日ドラフト3位)

2018年01月26日

1/26、スポーツニッポン4面「球界新士録」より

2017中日ドラフト3位 高松渡 
滝川第二高・遊撃手兼外野手・動画

「一塁への到達タイムは今、日本で一番速いと思う」。ドラフト3位で入団した高松(動画)の足は、米村明担当スカウトにそう言わしめるほど、ずば抜けている。「父も足が速かったので遺伝もありますが、小学校の頃から練習の最後に毎日ベースランニングをやっていて、野球で必要な速さが身に付いた」

50メートル走5秒8は足を売りにする選手なら、たまに聞く。驚くのは一塁到達タイムだ。4秒を切れば俊足と言われるが、高松は平均で3.8秒台。最速3秒53を計測したこともある。16年シーズン、メジャーで5位だったイチローでさえ3秒94。高松の速さが分かる。

小さい頃から徒競走で負けたことは一度もない。小学1年で野球を始め、足の速さを理由に即座に左打ちに転向した。高校通算11本塁打のうち、ランニング本塁打は9本記録している。

プロ入りを引き寄せたのが昨年3月9日、履正社との練習試合。8―8の9回2死三塁から相手暴投でサヨナラのホームを踏んだ。捕手がはじいたのは、わずか数歩程度だったが「監督から、はじいたら行けと言われていたので突っ込んだ」と自慢の足を披露した。

ロッテにドラフト1位で入団した安田を擁し、前年秋の明治神宮大会を制した履正社を視察するため、押し寄せていた多数のスカウトを驚嘆させた。「活躍したら評価が上がると思った」と狙い通りだった。

「自分の一番の持ち味は足なので、まず足で貢献したい」。目指すのは「1億円プレーヤー」。特長を前面に出して駆け上がってみせる。




下は2017ドラフトで中日が指名した選手です。3位指名・高松君のスカウト評はこちら

中日の2017ドラフト指名選手
×中村 奨成   
1位鈴木 博志ヤマハ 投手
2位石川 翔青藍泰斗高投手
3位高松 渡滝川二高内野手
4位清水 達也花咲徳栄高投手
5位伊藤 康祐中京大中京高外野手
6位山本 拓実市立西宮高投手
育1大蔵 彰人四国IL・徳島投手
育2石田健人マルク龍谷大投手


draftkaigi at 07:03│ │中日 
ドラフトニュース検索