ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 スカウト評価
2018指名予想 12球団情報まとめ 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

石川昂弥(東邦)、投手としては天才的という声

2018年01月31日

1/31、中日スポーツ8面「今ありて春へ」より

石川 昂弥 (東邦高・三塁手兼投手)
185cm・右投右打・動画

今秋ドラフト候補の大阪桐蔭・根尾、中央学院・大谷ら投打で光る選手が注目を集めるセンバツ。その二刀流戦線に東邦の1年生が割って入るかもしれない。東邦・石川は年明けから本格的に投手の練習を開始。夏、秋を見据えての取り組みでもあるが、早ければセンバツでのデビューもある。「戸惑いはあるけど、自信はなくもない」

事実上のセンバツ出場権が懸かった昨秋の東海大会準決勝・三重高戦で9回2死から逆転2ランを放った。高校通算12本塁打とバットでは存在感を見せつけている。さらに森田監督は内野守備で見せる抜群の強肩に目をつけた。「投げることに関しては天才的。ボールを見ると使いたくなる。甲子園で使えるようにつくりたい」と森田監督。

中学時代は練習試合で登板したことがある。ただ、高校では練習すらしたことはなかった。チームには長身エースの扇谷や西、左腕の荒島ら投手の駒はそろっているが、さらに厚みを加えたい。森田監督は内野守備には一定の成長が見られたと判断。投手の練習開始を指示した。

初ブルペンは1月6日。30球ほどを投げた。「なかなかいい球だったと思う。(実戦で)やってみないと分からないけど、130キロ台中盤くらいは出ていたんじゃないかな」。185センチの長身だけに角度も十分。センバツ登板が実現すれば、注目度はさらに増すことになる。

石川は本職の打撃も重点強化中だ。試合で使うバットより10センチ以上も長いバットを使い、ティー打撃などで懸命に振り込んでいる。「打球の飛び方が変わってきた。打った瞬間に入ると確信できる当たりが増えてきた。甲子園で本塁打を打ちたい」と腕をぶす。



下は石川君のバッティング動画です。



draftkaigi at 10:40│ 高校 
ドラフトニュース検索