ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 スカウト評価
2018指名予想 12球団情報まとめ 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

巨人、高橋由伸監督のファン無視に怒りの声

2018年02月03日

2/3、夕刊フジ43面より

1997巨人ドラフト1位 高橋由伸
慶応大・外野手・22歳

巨人の宮崎春季キャンプは今年が60回目。キャンプインの2月1日の参拝先、青島神社で50年以上も定点観測してきた生き字引は、伝統球団の変わりようを嘆いている。

参拝に訪れる高橋由伸監督や選手の姿を一目見ようと、冷たい潮風がすさぶ気温3度の参道で早朝から待っていた熱心なG党たちは、予想だにしない展開に呆然とした。例年なら監督や選手は約600メートルの参道をファンの激励を受けつつ歩いて本殿に入る。ところが今年は高橋監督、川相2軍監督と球団幹部が乗る2台の車がファンの眼前を走り抜け、鳥居をくぐり社務所まで乗り付けた。

一般車両は通行禁止だが、荒天を受けてのVIP待遇。選手一同は参拝しなかった。まさかの肩すかしに、大部分のファンが肩を落とし引き上げた。それでも一部は境内で出待ちしたが、参拝を終えた一行は再び車に乗り込み、風のように去っていった。

境内売店で一部始終を見ていた70代の女性店員は「この雨風じゃ車でも仕方ないけど、せめてファンに手を振るとかねえ。50年以上ここにいるけど、王さんや長嶋さんが監督の頃じゃあり得ない」と寂しげ。「現役時代の長嶋さんは朝、ランニングに来て気さくに挨拶してくれた。おかしくなったのは堀内監督になった頃(2004年)から。参拝でも選手が皆、下を向いて暗い顔だった」

2年前の参拝時も、ファンを一顧だにせず引き上げる高橋監督に、思わず店頭から「ファンが雨にぬれながら待ってたんですよ!」と大声で訴えたという。「監督1年目で余裕がないのかなと思ったけど、2年経っても同じですね。ファンあってのプロ野球なのに」

高橋監督はこの日、「60年の歴史がある。シーズンが宮崎で始まるのは自然のこと」と愛着を語ったが・・・。長い歴史のどこかで、巨人から大切なものが失われてはいないか。



下は1997ドラフトで巨人が指名した選手です。1位指名入団・高橋由伸のプロでの成績はこちら

巨人の1997ドラフト指名選手
1位高橋 由伸慶応大外野手
2位川中 基嗣日本通運内野手
3位山田 真介上宮高投手
4位小田 幸平三菱重工神戸捕手
5位田中 健太郎松商学園高投手
6位中村 善之新日鉄八幡投手
7位吉村 将生東海大四高内野手
8位平松 一宏JR西日本投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:01│ 巨人 
ドラフトニュース検索