ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

巨人の期待の新人、大城卓三(ドラフト3位)

2018年02月07日

2/7、スポーツ報知2面「宮崎キャンプ60年目の1年生」より

2017巨人ドラフト3位 大城卓三
NTT西日本・捕手・動画

大粒の汗を流しながら、大城(動画)は打撃と守備、両面のレベルアップを目指し、連日の居残り練習に励んでいる。宮崎2軍キャンプ第2クール初日を迎え「社会人時代と違っていろいろな人に見られているので緊張感がありますが、期待に応えられるようにやっていきたい」と前を見据えた。

捕手としては、昨季12球団トップの盗塁阻止率を記録した小林に匹敵する二塁送球1秒80の強肩を誇る。打っては広角に強い打球を打ち込める。

野球を始めた小学2年から、2歳年上の長男・昌士さん(西部ガス)、双子の兄・建二さん(トヨタ自動車)とともに所属していた沖縄の城西ジュニアで野球に打ち込んだ。練習後も3兄弟は自宅の駐車場に張ってあるネットに向かって、ソフトボールを使用してティー打撃を行った。「リストの強化になると思ったので」と父・昌人さん。連日、日が暮れるまで1時間以上バットを振り込んだ。

幼少期から磨かれた打撃力によって、東海大相模高、東海大では常に中軸を担った。NTT西日本在籍時の昨年は社会人日本代表に選出され、ロッテ2軍との練習試合では2本塁打。特に2本目は13年セーブ王の益田から右翼の防球ネットを直撃する豪快な一撃だった。「あれは自信になりました」と今でも手応えを覚えているほどだ。

現在は2軍でキャンプを過ごしているが、実戦でのアピール次第では小林、田中貴、宇佐見、ドラフト2位の岸田らとの正捕手争いに割って入る可能性も十分にある。「打てる捕手への憧れは強いですね。社会人出身で即戦力と思われていると思うので、早くチームの戦力になれるように頑張りたい」。強打の捕手として、巨人の扇の要の座をつかみ取る。



下は2017ドラフトで巨人が指名した選手です。3位指名・大城のスカウト評はこちら

巨人の2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
×村上 宗隆  
1位鍬原 拓也中央大投手
2位岸田 行倫 大阪ガス捕手
3位大城 卓三NTT西日本捕手
4位北村 拓己亜細亜大内野手
5位田中 俊太日立製作所内野手
6位若林 晃弘JX-ENEOS内野手
7位村上 海斗 奈良学園大外野手
8位湯浅 大健大高崎高内野手
育1比嘉 賢伸 盛岡大付高内野手
育2山上 信吾常磐高投手
育3笠井 駿東北福祉大外野手
育4田中 優大羽黒高投手
育5広畑 塁 立正大捕手
育6小山 翔平関西大捕手
育7折下 光輝 新野高内野手
育8荒井 颯太 関根学園高外野手


draftkaigi at 08:21│ │巨人 
ドラフトニュース検索