ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

ソフトBからまた育成の星、高卒2年目・長谷川宙輝

2018年02月09日

2/9、西日本スポーツ3面より

2016ソフトB育成ドラフト2位 長谷川宙輝
聖徳学園高・投手・18歳

背番号は3桁でも、気後れすることなく左腕を振った。フリー打撃での西田との対戦。長谷川宙(2016育成2位)が内角へ力強い直球を投げ込むと、三塁側ベンチ前で見守った王会長が思わず声を上げた。「速いね。彼はどこの高校(出身)だっけ?」。王会長だけではない、19歳のサウスポーが投じる球に球場中の視線が集まった。

「周りの選手のムードもあるし、お客さんもいるし、少し緊張したけど、意外と動揺せずに投げられた。力んだ中で荒れることもなく、アピールできたのは良かったと思います」。西田、高田のA組選手に対して56球を投じ安打性の打球を7本に抑えると、初々しく汗を拭った。

本人の手応えと、周囲の評価も同様だ。この日は武田、笠谷、小沢、長谷川宙の順で4投手がフリー打撃に登板。打撃ケージ後方から見守った工藤監督は「一番よかったのは、長谷川じゃないかな」と即答した。来クールからのA組昇格、支配下登録へ向けて大きく前進したことは間違いない。

高卒1年目の昨季からチーム内では最速149キロのボールへの評価は高かったが、この日は度胸も示した。指揮官は「打者がいても(ブルペンと)同じように投げられていた」。インコースをグイグイ攻め込まれた西田も「内のストレートがズドンときました。とても育成選手とは思えないですよ」と、自身もトレード移籍後でアピールへ必死の中、19歳をたたえた。

味方だけでなく他球団もうなった。バックネット裏で視察したオリックスの吉田スコアラーは「力強い球を投げてコースもついていた。いまのパ・リーグで中継ぎの本格派左腕は楽天の松井裕くらい。他球団からしたら、2桁(支配下)で欲しい投手」と警戒。

チーム内外から評価はうなぎ上りだが、本人は「期待されてうれしいですし、逆に、今は応えられる自信はまだないです」と、これまた初々しい。まだまだ伸びしろも十分な期待の新星が、さらに成長した姿で2桁の番号を背負い、その名前のように1軍マウンドで輝いてみせる。
 


下は2016育成ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。育成2位・長谷川君のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2016育成ドラフト指名選手
育1 大本 将吾 帝京第五高 外野手
育2 長谷川 宙輝 聖徳学園高 投手
育3 田城 飛翔 八戸学院光星高 外野手
育4 森山 孔介 藤沢翔陵高 内野手
育5 清水 陸哉 京都国際高 外野手
育6 松本 龍憲 崇徳高 内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01│ │ソフトバンク 
ドラフトニュース検索