ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

高卒2年目・アドゥワ(広島)、1軍キャンプで奮闘中

2018年02月13日

2/13、デイリースポーツ広島版終面より

2016広島ドラフト5位 アドゥワ誠
松山聖陵高・投手・18歳

2年目の広島・アドゥワ誠投手(2016広島5位)が、初の1軍キャンプで奮闘中だ。シート打撃では持ち味の動くボールで「タナキクマル」を封じるなどアピールしたが、紅白戦では制球を乱し、ほろ苦い経験もした。同期の左腕・高橋昂らとしのぎを削り、1軍生き残りを目指す。

196センチの長身から繰り出されるボールは微妙な変化を見せていた。キャンプ第2クール7日に行われたシート打撃。1番手で登板したアドゥワが持ち味を発揮した。シュート系、カット系の動くボールを操り「タナキクマル」ら主力打者をほんろう。打者10人に対して1安打、1四球。最速は142キロをマークし「低めに強いボールを投げられた」と納得の表情を浮かべた。

他球団のスコアラーは「思ったよりまとまっていた。カーブも良かった」と驚いた様子だった。昨季はファームで9試合に登板し、0勝2敗、防御率10.36。制球に難があるというイメージをガラリと変えてみせた。

高卒2年目ながら、研究熱心だ。投球フォームは同じ長身右腕のマリナーズ・岩隈を参考にする。動画を何度も見て「テークバックをコンパクトに」とのヒントを得た。「思ったところに力が伝わるようになった。制球面でも抜け球が減った」と成果を感じている。

初の1軍キャンプの雰囲気にも「だいぶ慣れてきました」とリラックス。先輩とコミュニケーションを図り、積極的にアドバイスを求めた。悩みはいくら食べても、83キロの体重が増えないこと。ウエートトレーニングに詳しい中田に相談するとサプリメントを紹介してくれた。野村からは「無理しなくていい。年を取ると自然と増えるから」と金言を授かった。今は長身を生かすため「体の使い方」を意識して練習に励んでいる。

初実戦となった11日の紅白戦では悔しさも味わった。先発に抜てきされながら3回3安打、4四死球、2失点。二回まで粘り強く投げていたが、三回に押し出し四死球で2点を失った。先頭打者への四球から崩れ「チームは四球からの失点を嫌う」と畝投手コーチから苦言を呈された。

今キャンプは例年より多くの投手が帯同しており、競争はし烈。同期の高橋昂は好投を続けており、ライバルには負けられない。課題と収穫をかみしめて、無我夢中で2月を駆け抜ける。



下は2016ドラフトで広島が指名した選手です。 5位・アドゥワ君のスカウト評はこちら

広島の2016ドラフト指名選手
× 田中 正義    
× 佐々木 千隼    
1位 加藤 拓也 慶応大 投手
2位 高橋 昂也 花咲徳栄高 投手
3位 床田 寛樹 中部学院大 投手
4位 坂倉 将吾 日大三高 捕手
5位 アドゥワ 誠 松山聖陵高 投手
6位 長井 良太 つくば秀英高 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 09:57│ │広島 
ドラフトニュース検索