ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 スカウト評価
2018指名予想 12球団情報まとめ 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

ヤクルトドラ1・村上宗隆、ノムさんが欠点指摘

2018年02月14日

2/14、サンケイスポーツ7面より

2017ヤクルトドラフト1位 村上宗隆
九州学院高・捕手・動画

ヤクルトの監督を務めていた1998年以来、実に20年ぶりの西都来訪。野村克也氏は教え子の高津2軍監督や、息子の野村克則2軍バッテリーコーチらと笑顔で言葉を交わすと、三塁ベンチに座り、ドラフト1位・村上(動画)のフリー打撃を凝視した。

「気になるところがある。トップで、バットのヘッドが顔の前にある。頭の後方にあるのが理想の形。あれでは手打ちになるし、速い球や内角球に苦労する」。欠点をすぐに見抜いた。

打撃終了後、あいさつに訪れた村上に質問した。「内角球が気になるんじゃない?」。村上は「はい、気になります」と即答。早速、ノムラ講座が始まった。「プロで生きていくには、相手に内角球に強いと思わせることが大事。そう思わせたら、こっちのものですよ」

通算9度の本塁打王に輝いた野村氏だが、実は内角が苦手。配球を読んで内角を捉えることで、相手に内角に強いイメージを持たせたという。「そうすれば外角中心の配球になり、失投も増える」と説明。プロ野球最多の868本塁打を放った王貞治氏も同様だったと指摘した。

20年ぶりに西都に戻り、野球人としての血が騒いだのか。ノムラ講座は約15分にも及んだ。「すごくいいものを持っている。周りの期待に応えてほしい」。未来の燕の4番候補に強い期待を示した。



下は2017ドラフトでヤクルトが指名した選手です。1位指名・村上君のスカウト評はこちら

ヤクルトの2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
1位村上 宗隆九州学院高捕手
2位大下 佑馬三菱重工広島投手
3位蔵本 治孝岡山商科大投手
4位塩見 泰隆 JX-ENEOS外野手
5位金久保 優斗東海大市原望洋高投手
6位宮本 丈奈良学園大内野手
7位松本 直樹 西濃運輸 捕手
8位沼田 拓巳BCリーグ石川投手


draftkaigi at 07:05│ ヤクルト 
ドラフトニュース検索