ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

週刊大衆厳選、2018必見の新人&2年目選手(計5人)

2018年02月15日

週刊大衆は「必見の新人&2年目選手」と題して、以下の5選手を挙げています。(2月26日号より)


2017日本ハム1位・清宮幸太郎(早稲田実高) スカウト評
高校通算111本塁打の記録を引っさげプロ入りを果たしたゴールデンルーキー。開幕1軍入りが叶えば、サプライズ好きな栗山監督だけに、開幕スタメンも十分ある。逆方向への打球が課題か。

2016広島4位・坂倉将吾(日大三高) スカウト評
昨季は高卒1年目ながら、ウエスタン・リーグで打率.298(2位)という好成績を残した。1軍でもプロ初安打を記録。キャッチングも巧く、坂倉が正捕手になれば、広島はどこからでも点が取れる打線になる。

2017阪神1位・馬場皐輔(仙台大) スカウト評
仙台大からドラフト1位で阪神に入団した最速155キロ右腕。テイクバックが小さく、球種も豊富なため実戦向きと評されている。四球で崩れるタイプでもなく、後半にバテなければ新人王も見えてくる。

2016巨人1位・吉川尚輝(中京学院大) スカウト評
昨季アマチュアナンバー1ショートとしてプロ入りするも、同期の源田壮亮(西武)、京田陽太(中日)に大きく水をあけられた。今季は正セカンドを狙う。守備範囲の広さと俊足は、源田や京田に負けていない。

2016オリックス4位・山本由伸(都城高) スカウト評
昨季、オリックスの高卒新人として23年ぶりに勝利を挙げる。150キロを超える速球と鋭く曲がるスライダーが武器。昨年、大谷翔平に「今年やった中で一番良かった」と言わしめるほど。新人王最有力だ。



draftkaigi at 09:53│
ドラフトニュース検索