ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

あのドラフト選手は今、嘉勢敏弘(ドラフト1位)

2018年02月18日

2/18、スポーツニッポン5面「裏方の流儀」より

1994オリックスドラフト1位 嘉勢敏弘
北陽高・投手・18歳

エンゼルス・大谷が海を渡る約20年前、二刀流で話題をさらったのが、阪神・嘉勢敏弘打撃投手(1994オリックス1位)だ。現役時代はオリックスで00年に外野手登録のままプロ初勝利。現在は「野手の気持ちが分かる打撃投手」として選手の相談相手となっている。

「僕の場合は、もっとこうしたらいいのになと気付くことが、他の人よりもあるとは思う。もちろんコーチじゃないので、こちらから教えたりはしないけど、何か聞かれたらいつでも答えられるようにはしています」

北陽ではエースで4番。94年ドラフト1位でオリックスに外野手として入団し、97年から外野手登録のままマウンドにも上がった。99年は野手で80試合に出場した一方で、01年には貴重な中継ぎ左腕としてリーグ最多の70試合に登板するなど、その球歴は異色だ。

現役引退後、高校の先輩で当時監督だった岡田彰布氏に誘われて阪神の打撃投手に転身した。今年で14年目。「なりたての頃は打者と対戦する感覚で、本能的に抑えにいってしまうこともあった。今は当時ほどの球威はないけど、その打者が打ちやすいところ、投げてほしいところに投げるように心掛けています」

日々の体のケアは欠かさず、オフには自主トレも行う。今ではブルペン捕手や守備練習での急造野手もこなし「二刀流」以上のフル回転を見せている。



下は1994ドラフトでオリックスが指名した選手です。1位指名入団・嘉勢敏弘のプロでの成績はこちら

オリックスの1994ドラフト指名選手
1位嘉勢 敏弘北陽高投手
2位丸尾 英司仏教大投手
3位五島 裕二山梨学院大付高投手
4位豊田 次郎川崎製鉄神戸投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:05│ │あのドラフト選手は今・・・ 
ドラフトニュース検索