ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

高校日本代表、永田裕治氏(報徳学園)が監督に

2018年02月22日

2/22、デイリースポーツ8面より
日本高野連は21日、大阪市内で理事会を開催し、9月のU-18アジア選手権(宮崎)に出場する高校日本代表監督に、前報徳学園監督・永田裕治氏を選任したことを発表した。

永田氏は現役時代に報徳学園でプレーし、81年夏の甲子園で全国制覇を果たした。中京大を経て、桜宮、報徳学園のコーチを務め、94年4月に報徳学園の監督に就任。春11度、夏7度、甲子園に出場し、02年センバツでは優勝へ導いた。

甲子園では通算23勝17敗。教え子にはロッテ・大谷智久らプロ野球選手が多数いる。昨春のセンバツで4強進出後に勇退し、現在は同校の教諭を続けている。国際大会での経験も豊富で、04年AAA世界野球選手権、05年AAAアジア野球選手権で高校日本代表のコーチを2度務めている。

ヘッドコーチ1人、コーチ2人らスタッフは、4月の理事会で決定予定。第1次候補選手は6月中旬に発表される。



下は報徳学園高校からドラフト指名された選手です(大学、社会人経由も含む)

選手名指名年度とプロ入り後の成績
荒武 康博1966(2次)西鉄1位
前田 正宏1966(2次)阪急4位
吉田 和幸1967西鉄10位
水沼 四郎1968広島2位
谷村 智博1970阪神1位
三宅 昇1970阪急9位
松本 匡史1976巨人5位
安田 尚弘1976大洋5位
金村 義明1981近鉄1位
矢野 和哉1985ヤクルト4位
岡本 透1987大洋2位
松田 慎司1992日本ハム2位
清水 直行1999ロッテ2位
南 竜介1999横浜5位
山崎 勝己2000ダイエー4位
肥田 高志2001オリックス6巡目
尾崎 匡哉2002日本ハム1巡目
鞘師 智也2002広島4巡目
光原 逸裕2004オリックス2巡目
片山 博視2005(高校)楽天1巡目
森山 周2005(大・社)オリックス4巡目
近田 怜王2008ソフトバンク3位
大谷 智久2009ロッテ2位
古野 正人2011ヤクルト6位
田村 伊知郎2016西武6位
岸田 行倫2017巨人2位


draftkaigi at 07:00│ │高校 
ドラフトニュース検索