ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

虎番潜入、広島のキャンプで見つけた金の卵

2018年02月25日

2/24、スポーツニッポン4面「虎番潜入」より
阪神担当記者がライバル球団に潜り込むキャンプ恒例企画「虎番潜入」。虎番一筋の巻木周平記者が23日、広島の沖縄2次キャンプに行った。入社以降初の他球団取材で見たのは、屈強なチーム力だけでなく次世代が秘める可能性。阪神担当として、さらなる脅威を感じた。

主力選手の実力は知っている。だから、まだ台頭していない若手を見ようと思いフリー打撃を見たが、主力と遜色のない正確性、打力を誇る打者が何人もいた。なかでも印象深いのは高卒2年目の坂倉(2016広島4位)だ。情報を得ようと東出打撃コーチのもとに向かった。

「(ボールを)つかまえる力がとにかく高い。あとはパワーや飛ばすコツがつけば。良いものを持っていますから楽しみな選手です」。坂倉は昨年、ウエスタン・リーグでリーグ2位の打率.298を記録した期待の若手。会沢、石原らライバルの壁は高いが、打力だけで開幕1軍入りする可能性があるという。

同コーチは続いて、高卒6年目、高橋大(2012広島1位)についても語ってくれた。「ようやく1軍の監督に見てもらえるところまできた。泥臭さとか、良いものが見えてきていますよ」。高橋大は12年ドラフト1位で当時の2位は鈴木誠。同期に先を越されているが、12日の紅白戦で本塁打を放つなどアピール中だ。

「タナキクマル」を中心に黄金時代を築きつつある広島が次世代も有望株そろいだった。若手の代表・鈴木誠以下の年代の野手は、昨季95試合出場の西川をはじめ10人いて、うち9人が高卒選手だ。阪神は同世代野手は7人で、高卒は4人。ライバル球団として、末恐ろしさ、驚異を感じずにはいられなかった。



下は2012ドラフトで広島が指名した選手です。1位指名・高橋大樹のスカウト評はこちら

広島の2012ドラフト指名選手
×森 雄大  
×増田 達至  
1位高橋 大樹龍谷大平安高外野手
2位鈴木 誠也二松学舎大付高外野手
3位上本 崇司明治大内野手
4位下水流 昂ホンダ外野手
5位美間 優槻鳴門渦潮高内野手
プロ入り後の成績



下は2016ドラフトで広島が指名した選手です。4位指名・坂倉将吾のスカウト評はこちら

広島の2016ドラフト指名選手
× 田中 正義    
× 佐々木 千隼    
1位 加藤 拓也 慶応大 投手
2位 高橋 昂也 花咲徳栄高 投手
3位 床田 寛樹 中部学院大 投手
4位 坂倉 将吾 日大三高 捕手
5位 アドゥワ 誠 松山聖陵高 投手
6位 長井 良太 つくば秀英高 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00│ │広島 
ドラフトニュース検索