ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

DeNAドラ5・桜井周斗、高卒新人28年ぶりの快挙

2018年02月25日

2/25、日刊スポーツ9面より

2017DeNAドラフト5位 桜井周斗
日大三高・投手・動画

清宮の天敵、DeNAドラフト5位の桜井周斗投手(動画)が、オープン戦開幕戦で高卒新人として28年ぶりの白星を挙げた。24日、2軍から招集され、巨人戦の6回に登板。高2の秋の東京大会で日本ハム清宮から5連続三振を奪ったスライダーと、習得したばかりの2種類のチェンジアップを駆使して1回無安打、1奪三振。ラミレス監督に大きなインパクトを与えた。

18歳の心は1軍のマウンドに立っても落ち着き払っていた。桜井は1人目の吉川尚をスライダーで遊飛。続く田中俊は二ゴロに打ち取ったかに見えたが、失策で出塁を許した。走者ありの状況で迎えた山本への初球は忍ばせていた変化球のチェンジアップ。最速146キロの直球を織り交ぜながら4球で一ゴロに仕留めた。

さらに和田は空振り三振。打者4人に計17球。「準備をしっかりできていた結果だと思う」と抜てきに無安打で応えた。スライダーを武器に2軍で頭角を現していた。その切れ味は、ラミレス監督が「えぐい」と称賛したほど。

一方で「変化球1つだけではプロで対応される」という心配をよそに、チェンジアップを習得。昨秋ドラフト後、まずはドラフト1位の東に教わった。年明けの新人合同自主トレでは、チェンジアップを武器に侍ジャパン入りした浜口に聞いた。

「浜口さんのは緩急がついて、東さんのは球速がある。ベストは2つを使い分けること」。握りも変化も違う2種類を並行して練習し、わずか1カ月半で引き出しが2つ増えた。

吸収できるものは何でも吸収しようという貪欲さがある。緊張するはずの登板前には、先発で投げ合う熊原と巨人中川をじっくり見た。「中川さんは落ち着いて投げていて、熊原さんは投げっぷりがよかった。見ていて僕もそうしようと」。実際に投げっぷりよく、かつ冷静に投げた。

高校でしのぎを削った清宮と偶然にも同日デビュー。「彼は1軍キャンプでやっている。僕は僕のペースで成長できれば。いい目標であり、いいモチベーションでもあります」。高校卒業間近の18歳。1カ月半で急激な成長曲線を描いた。

(2月24日 オープン戦 DeNA 3-1 巨人)




下は2017ドラフトでDeNAが指名した選手です。5位指名・桜井君のスカウト評はこちら


DeNAの2017ドラフト指名選手
1位東 克樹 立命館大投手
2位神里 和毅日本生命外野手
3位阪口 皓亮北海高投手
4位斎藤 俊介JX-ENEOS投手
5位桜井 周斗日大三高投手
6位寺田 光輝BCリーグ石川投手
7位宮本 秀明パナソニック内野手
8位楠本 泰史東北福祉大内野手
9位山本 祐大BCリーグ滋賀捕手
育1中川 虎大箕島高投手


draftkaigi at 07:50│ │横浜DeNA 
ドラフトニュース検索