ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

日ハムドラ1・清宮幸太郎、2四球も「らしさ出た」

2018年02月26日

2/26、サンケイスポーツ6面より

2017日本ハムドラフト1位 清宮幸太郎
早稲田実・一塁手・動画

収穫を感じる出場2試合目だった。六回先頭から代打で出場した清宮(動画)は、ヤクルトの6年目、田川とD2位・大下からいずれも四球を選び、出塁した。「きのうよりは、自分らしく打席に立てたかなと思います。落ち着いていましたね」

前日24日の中日戦でプロ初打席に入った18歳は、2戦連続の途中出場で2打席2四球。フォークボールやスライダーなど、プロの変化球をきっちりと見極めた。初安打や初アーチはお預けとなったが、誰もが清宮に熱視線を送った。清宮が打席に入ると、外野芝生席の観客が記念のホームランボールをキャッチしようと右翼方向に大移動した。

試合前のフリー打撃では、強い逆風で24スイング中2本の柵越えに終わったが、ウオーミングアップ中のヤクルト・山田哲、バレンティンが足を止めて見入り、辛口批評で知られる宮本ヘッドコーチも「スイングスピードが速い。打球の角度もいいし、高校生であれはすごいよ」と舌を巻いた。

キャンプでは右手親指の負傷や急性胃腸炎に見舞われるアクシデントもあったが、これで沖縄での全日程を終了。試合後、栗山監督は今後の1軍帯同を明言した。28日の国際交流試合・台湾ラミゴ戦でプロ初の先発出場を果たす可能性も出てきた。

「きょうは結果にこだわってやりたいと思っていた。そういう日が続いていくと思う。1打席1打席がシーズンにつながると思うので、そこだけは大事にしっかりとやりたい」と清宮。いてつく寒さの北海道を、18歳のゴールデンルーキーが熱くする。 

(2月25日 オープン戦 ヤクルト 3-3 日本ハム)




下は2017ドラフトで日ハムが指名した選手です。1位指名・清宮君のスカウト評はこちら

日本ハムの2017ドラフト指名選手
1位清宮 幸太郎早稲田実高内野手
2位西村 天裕NTT東日本投手
3位田中 瑛斗柳ヶ浦高投手
4位難波 侑平創志学園高投手
5位北浦 竜次白鴎大足利高投手
6位鈴木 遼太郎東北学院大投手
7位宮台 康平東京大投手


draftkaigi at 07:00│ │日本ハム 
ドラフトニュース検索