ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

ヤクルトのドラフト育成、「うちは高校生に注力」

2018年03月01日

スポーツ報知websiteより (source)

1985ヤクルトドラフト1位 伊東昭光
本田技研・投手・22歳

最下位からの巻き返しを期すヤクルトで、小川SDの監督復帰に伴い、編成部門のトップを担うのは伊東昭光編成部長(1985ヤクルト1位)だ。今季から新たにアマ野球や外国人もチェック。88年に最多勝を獲得するなど、通算87勝右腕は「ドラフトでとった選手は球団の宝」と不変の育成方針について語った。

昨季は球団ワーストの96敗。編成として、この成績をどう受け止めているのか。

「主力にけが人が多かった。(故障者が)出てしまったのはしようがないんだけど、復帰まで長くかかってしまい、そこをカバーする戦力が薄かったのでああいう成績になってしまった。主力に代わる戦力を整えられず、チームに対して申し訳なかったです」

オフに小川監督が4シーズンぶりに復帰し、宮本ヘッドコーチが就任した。昨秋から猛練習を課すなど、チームは若手の育成にかじを切り、生まれ変わりつつある。補強でも実績ある選手に頼らず、若い選手を粘り強く育てる球団の意思は強い。

「ドラフトで有望な選手をとって育てるのは前からの球団の方針ですが、数年前まではチームが優勝するために即戦力に重点がいきすぎていた。それで、2、3年前から有望な高校生を1人、2人でなく、3人、4人とって育てて、数年後にチームの主力としてやってもらおうと。広岡や渡辺、ピッチャーで高橋、ジュリアスもそうだし、去年で言ったら寺島、梅野、古賀。今年は2人(村上、金久保)だけれども、高校生をいかにレギュラーにするか。その中でその年の目玉選手が社会人、大学生にいたらそれも踏まえる。バランスよく、うちは高校生に力を入れていく

(以下略)



下は1985ドラフトでヤクルトが指名した選手です。伊東昭光(編成部長)は1位指名入団。プロでの成績はこちら

ヤクルトの1985ドラフト指名選手
1位伊東 昭光本田技研投手
2位荒井 幸雄日本石油外野手
3位内山 憲一伊勢崎商高投手
4位矢野 和哉神戸製鋼投手
5位山田 勉大垣工高投手
6位杉山 孝一新日鉄名古屋外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:40│ │ヤクルト 
ドラフトニュース検索