ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

巨人、上原浩治の獲得調査へ

2018年03月01日

3/1、スポーツ報知終面より

1998巨人ドラフト1位 上原浩治
大阪体育大・投手・23歳

素直な心境をつづったのだろう。28日午後6時10分。上原(1998ドラフト1位)が自身のツイッターに投稿した。「自分は、やっぱり『野球』が好きです。現役でやれる幸せを、もっと感じないといけないですね」。これまでメジャー以外なら現役引退を示唆してきたが、他の選択肢を視野に入れ始めたことを匂わせた。

そんな上原の動向は、古巣・巨人も常にチェックしていた。この日、鹿取GMは、右腕について「まだ決まってない選手の動向は気にはしていた。イチローとかもどうなるのかなって。今年は(メジャーのFA市場の停滞が)異常だね」と応援する気持ちも込めて見守っていることを明かした。

その上で、日本復帰を決断した場合は「本人がどうするか決めないと、何も言いようがない。けれど、それはそうなるんじゃないかな」と乗り出す意向を示した。

福島県内で野球教室を行った1月20日、去就について「マイナーだったら辞めます。(復帰も)今のところは考えてないんでね、日本というのは」とメジャー一本を明言した。この時点で複数の米球団が興味を示していたというが、正式オファーは届いていない模様。3月29日(日本時間30日)の開幕まで1か月を切り、心境に変化が生まれてもおかしくはない。

実力に疑いはない。宝刀スプリットとメジャーでも屈指の制球力は健在。丸10年の選手登録で引退後の満額年金受給資格を得るメジャーで、9年間を過ごした。4月で43歳になるが、日米通算134勝88敗、128セーブの実績と強じんなメンタルは何ものにも代え難い。「年齢は重ねているけど、元気ならば十分できると思う」と鹿取GMも高く評価する。

日本復帰なら巨人で、という期待は大きい。ブルペン入り動画を公開する右腕のツイッターには、ファンから数多く古巣復帰を望む声が寄せられる。球界関係者によると、上原は現在渡米中で、代理人のM・ピーパー氏とも今後を話し合うという。あくまで第1希望はメジャー契約とみられるが、日本に戻る決意を固めたとしたら・・・。

高橋監督とは同じ誕生日の大親友で、15年オフには「常勝チームをつくってほしい」と呼びかけたこともある上原。08年以来、10年ぶりに巨人のユニホームに袖を通すシーンを夢見るファンの声が届く可能性は十分にある。



下は1998ドラフトで巨人が指名した選手です。上原浩治は1位指名され入団。プロでの成績はこちら

巨人の1998ドラフト指名選手
1位 上原 浩治 大阪体育大 投手
2位 二岡 智宏 近畿大 内野手
3位 加藤 健 新発田農高 捕手
4位 安原 政俊 中央学院高 投手
5位 酒井 純也 矢上高 投手
6位 玉峰 伸典 王子製紙春日井 投手
7位 進藤 実 NTT東北 投手
8位 高野 忍 中山製鋼 外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:19│ │巨人 
ドラフトニュース検索