ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

勝野昌慶(三菱重工名古屋)、中日「上位候補になる」

2018年03月04日

3/3、中日スポーツ9面「中部から飛び出せ2018ドラフト候補」より

勝野 昌慶 (三菱重工名古屋・投手)
183cm・右投右打・動画

満を持してドラフト解禁イヤーに臨む。高卒1年目からエース格としてマウンドに上がってきた三菱重工名古屋の勝野昌慶投手(動画)が、いよいよ勝負の3年目を迎えた。「行けるならドラフト1位でプロに行きたい。全ては結果。結果を残せば順位は勝手に上がると思う」

183センチ、82キロの体格から繰り出す最速151キロの直球が最大の武器。高校時代は同学年の県岐阜商・高橋純平(ソフトバンク)の陰に隠れた存在だったが、入社1年目の都市対抗でいきなり先発を任され、U-23日本代表入り。一躍、注目を集めた。

「物おじしないのが持ち味。真っすぐでどんどん押していきたい」。威勢のいい言葉が出たが、昨年は苦しい1年を過ごした。5月のベーブルール杯争奪大会で、抑えとして9回の1イニングを投げた際に右肘が悲鳴を上げた。「いつになったら痛みが引くのか。精神的に落ち込んだ」

都市対抗は予選も本大会も登板できず、ようやく復帰できたのが9月の日本選手権予選。その後は意識を変え、体のケアにも時間を割くようになった。今では「去年ケガをしているので、今年は1年間、チームに貢献したい」と言えるようになった。

勝負の年は新フォームで臨む。上体の力に頼っていた昨年までの投げ方から、スムーズに平行移動するフォームに変えた。「以前のフォームはメジャーリーガーを意識していたけど、だいぶ日本人ぽくなった。今の方が球はいい。キャッチボールだけでもそう感じる」

中日・中原スカウトは「高卒3年目とは思えない風格があり、投げる前からオーラがある。高低、内外の投げ分けができ、変化球もいい。上位候補でしょう」と絶賛する。エースとしてチームを都市対抗に導けば、評価はさらに上がる。



勝野君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:07│ │中日 
ドラフトニュース検索