ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

西岡剛(阪神)、土下座・監禁事件の真相

2018年03月14日

週刊アサヒ芸能 3月22日号より

2002ロッテドラフト1巡目 西岡剛
大阪桐蔭高・内野手・18歳

イチロー、上原に続いてのラストサムライは阪神・西岡剛(2002ロッテ1巡目)。今ではすっかり忘れられてしまった黒歴史だが、元メジャーリーガーである。12年までの2シーズン、ツインズでプレーしたものの故障に悩まされ、ほとんど活躍できずに13年から阪神で国内復帰を果たしている。

その西岡が今年の春季キャンプで騒動を引き起こしていた。2月18日付のサンケイスポーツ紙に掲載された記事の内容に怒りを爆発させ、練習前、キャンプ地・宜野座の球場内の部屋に同紙の記者を「監禁」したというのである。

「(18日練習試合出場へ)の見出しが付いた記事について、そんなこと言ってねぇだろ!と激高。部屋には2人の他に広報もいたようですが、西岡を止めることもなかったようで、説教は長々と続いたといいいます。西岡は土下座まで強要し、さすがにそれは拒まれたものの、謝罪する記者の姿を動画撮影までしていたといいます。騒動後、その担当記者は一時、トラ番を外され会社の監視下に入ったそうですが、さすがに広報もいた現場での出来事ということもあり、サンスポは正式に球団に抗議。阪神が謝罪して決着はついたようで、幸いにも担当記者は現場復帰しています」(在阪メディア関係者)

それにしても、なぜ西岡はここまで感情をあらわにしたのだろうか。

「相次ぐ故障でここ4年間、まともなシーズンを送れませんでした。今季はショートのレギュラー争いの渦中で、決して一番手ではない崖っぷちのシーズンに入りました。『出場する』と書かれて仮に出場しなければ『またケガか』と思われかねない。それほど過敏になってしまうほど、今の西岡は追い込まれているということです」(球団関係者)
 
(以下略)


関連記事
西岡剛(阪神)、スポーツ紙記者に土下座の強要


下は2002ドラフトでロッテが指名した選手です。西岡剛は1巡目指名入団。プロでの成績はこちら

ロッテの2002ドラフト指名選手
自由枠(行使せず)
自由枠(行使せず)
1巡目西岡 剛大阪桐蔭高内野手
2巡目(指名権なし)
3巡目浅間 敬太敬愛学園高投手
4巡目神田 義英川崎製鉄水島投手
5巡目鈴木 貴志王子製紙投手
6巡目金沢 岳矢板中央高捕手
7巡目酒井 泰志いすゞ自動車投手
8巡目早坂 圭介横浜商工高内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:25│ │阪神 
ドラフトニュース検索