ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

2018センバツ大会展望&プロ注目選手(日刊)

2018年03月17日

3/17、日刊スポーツ2面より
センバツ連覇を目指す大阪桐蔭が、優勝争いの筆頭候補に挙がる。二刀流の根尾内野手(スカウト評)昨夏のU18高校日本代表の藤原外野手(スカウト評)、中川卓也内野手ら打線は今大会ナンバー1で、投手陣も昨年からメンバー入りする柿木(スカウト評)、横川両投手と豊富な戦力を誇る。

追うのは明治神宮大会を制した明徳義塾市川投手(スカウト評)は安定感抜群で、スタミナも十分。馬淵監督が率い、試合巧者ぶりも際立つ。明治神宮大会準優勝の創成館は投打のバランスがよく、川原投手を中心にさまざまなタイプの投手がそろう。東海大相模は斎藤投手と森下外野手(スカウト評)を軸に投打の層が厚い。

近畿大会決勝で大阪桐蔭に敗れた智弁和歌山は、昨秋の公式戦で9発と大阪桐蔭に匹敵する強打を誇る。中央学院明秀学園日立も絶対的エースと主軸がチームをけん引。プロ注目の扇谷投手(スカウト評)擁する東邦と大谷2世と期待される西舘投手の花巻東の対戦も注目を集める。




2018センバツ高校野球、予想コンテストはこちら

2018センバツ出場校、スポーツ紙の評価はこちら



draftkaigi at 07:31│ 甲子園大会展望 
ドラフトニュース検索