ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

あのドラフト選手は今、葛城育郎(ドラフト2位)

2018年03月20日

3/20、デイリースポーツ22面「あの人」より

1999オリックスドラフト2位 葛城育郎
立命館大・外野手・22歳

99年度ドラフトでオリックスを逆指名し、03年オフにトレードで阪神へ移籍。思い返せば金本(阪神監督)の連続フルイニング出場の世界記録が途切れた一戦で代役として先発した男。マルチな才かつ高度な打撃技術で記憶に残る選手だった。

酒美…店名の由来は聞くまでもない。甲子園のヒーローインタビューで「勝利の雄たけびを」と注文され、ただ「叫んだ」選手は長いプロ野球史で葛城さん(1999オリックス2位)ただ一人。仲間、ファンに愛されたキャラが現在の成功につながったのかもしれない。

来客数は多い月で約1000人。年間で約1万人に及ぶ。多くの阪神OBから「別の畑へ移った、数少ない成功者」と言われる。それでも葛城さんは「まだ成功とは思ってませんよ。いろいろ攻めないと、すぐに飽きられる世界ですから・・・」

野球界に未練を残しながら、飲食の道へ進んだ理由・・・それは「もともと鶏(料理)が大好きで、鶏の味ならよく分かったから」。2年近く神戸と大阪で修業を積み、皿洗いから始めた。「元虎戦士」のアドバンテージは確かにあった。でも、それが「つかの間の下駄」である認識、冷静さを失わなかったことで店を軌道に乗せた。

「元阪神の葛城が出した店・・・というだけで言葉は悪いですけど、味に関しては最初ナメられていたと思うんですよ。でも実際に『おいしかった』という言葉をいただけるようになって、それが自信にもなりましたし・・・」

アイデアマンの葛城さんは既に次の一手を考えている。「今からちょっとおもしろいものを・・・。カレーを使った新しい食べ物なんですけど、お楽しみということで・・・」。常連客の金本監督から「お前の店の隣に地鶏の店を出してやろうか(笑)」などと“妨害”を受けながらも・・・第2章へ攻撃の手を緩めない。




下は1999ドラフトでオリックスが指名した選手です。2位指名入団・葛城育郎のプロでの成績はこちら

オリックスの1999ドラフト指名選手
1位 山口 和男 三菱自動車岡崎 投手
2位 葛城 育郎 立命館大 外野手
3位 迎 祐一郎 伊万里商高 投手
4位 岩下 修一 三菱自動車岡崎 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 10:46│ あのドラフト選手は今・・・ 
ドラフトニュース検索