ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

センバツ逸材、プロ注目の根尾昂(大阪桐蔭)

2018年03月20日

3/20、スポーツ報知7面より 

根尾 昂 (大阪桐蔭高・遊撃手兼投手)
177cm・右投左打・動画

第90回記念大会で最も注目の選手だ。根尾(動画)は昨秋の公式戦13試合で、今大会2位タイの5本塁打、同3位タイの20打点をマーク。名門の主砲は「個人的な目標はない。とにかく勝つ!。春連覇です。打てなくても、チーム第一でバントをすることがあるかもしれない」と、フォア・ザ・チームに徹する覚悟を示した。

177センチの体を目いっぱい使ったフルスイングが特長で、プロのスカウトも「強く振れるのが特長」と評価する。一方で、西谷浩一監督は「体の使い方も独特で、タイミングの取り方も下手くそ。技術的に確立できていない。すごい本塁打を打つような100点のスイングもあれば、0点もある。前より安定はしているけど、まだ僕らが根尾に求めるレベルにはいっていない」と、指摘する。

最速148キロの投手としても、昨秋は公式戦3試合で防御率は0.47。19回のイニング数を上回る33三振を奪った。この日は甲子園のマウンドで直球をビシビシ投げ込んだ。「昨秋は直球とスライダーの2球種でいっていた。今は緩急をつけるためにカーブやチェンジアップ、遅い球の制球をテーマにやっている」。

甲子園初先発だけではなく、史上初となる2年連続胴上げ投手の可能性もありそうだ。冬場は下半身を重点的に鍛え「打席に立っているときも、前よりどっしりしている」と、パワーアップを実感。根尾がポテンシャルを存分に発揮することが、春連覇へのカギになる。



 
根尾君のスカウト評はこちら

根尾君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 11:20│ │高校 
ドラフトニュース検索