ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

甲子園準優勝の松岡直輝(広陵)、中京大へ進学

2018年03月22日

3/22、中日スポーツ10面より

松岡 直輝 (広陵高・三塁手)
168cm・右投右打・動画

愛知大学1部リーグの6校に今春、選手178人が新戦力として入部する。昨夏の甲子園で準優勝した広陵高(広島)から、三塁手の松岡直輝が中京大に入る。高校時代の大半は控えに甘んじていたが、甲子園直前にスタメンを勝ち取った意地を、大学でも見せる。

ボールがバットに当たるたびに両手に痛みが走る。今まで使ったことのない木のバットは、なかなか慣れない。松岡は「少しでも詰まったら折れるんじゃないかって恐怖もある。まだ思い切り振れません」と苦笑する。しかし1日でも早く試合に出たい、という気持ちは隠さない。「早く大学のレベルに慣れて勝利に貢献したいですね」

挫折からのスタートは高校時代と同じだった。もとは捕手で中学時代はシニアの全国大会にも出場。肩に自信があったが、広陵高入学直後にその鼻がへし折られた。昨年、広島にドラフト1位で指名された中村奨成は、キャッチボールを見ただけで差が分かった。

「送球がまるでピストルみたいで、ちょっとレベルが違った。中村がいる限り捕手で試合には出られないな、と」。監督に1年の終わりごろに内野手への転向を勧められた時も、妙に納得してしまった自分がいた。

3年夏の広島大会まで背番号13で守備固めで途中出場することが多かった。レギュラーの三塁手がやる気のないプレーを見せたことで、その大会の決勝からスタメンに定着。甲子園で背番号5となり、7番打者で出場。準々決勝の仙台育英戦で3安打2打点を稼いで勝利に貢献した。

ただ何よりも誇れるのは全6試合で無失策だったこと。内野手転向後は遊撃手、二塁手も経験し、様々な打球を捕ってきたことが生きた。現在は内野手として練習に入ることもあるが、捕手に戻りたい気持ちもある。

「大体、どの野手の気持ちも分かっているんで。守りやすいテンポとか、エラーしたときの気持ちとか。捕手だけやっていたら気付かなかったことですね」。成長できた高校での3年間。その誇りを胸に新たな舞台に立つ。

draftkaigi at 09:21│ │大学野球の新入部員 
ドラフトニュース検索