ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

上田優弥(日本航空石川)、中日「プロでやれる」

2018年03月25日

3/25、サンケイスポーツ6面より

上田 優弥 (日本航空石川高・外野手)
185cm・左投左打・動画

膳所のデータ野球をものともせず、4番・上田(動画)が右へ左へ鋭い打球を飛ばした。「よく調べられてるな、と思った。自分たちは打ち勝つ野球(が持ち味)。それを試合でみせられてよかった」

膳所の極端な守備陣形にチームは三回まで1安打と苦しんだが、四回一死一塁。初球のスライダーを狙い打ち、打球を左中間へ運んだ。両翼の外野手が定位置より中堅寄りにポジションを取り、左右のポール際を空ける大胆な上田シフトを敷かれたなかで、左翼手のグラブをかすめる先制二塁打で流れを呼んだ。

2-0で迎えた六回無死一塁でも、また初球打ち。極端に狭められた一、二塁間を鋭く破ると、打球は誰もいない右翼ポール際を転々。中押しの適時二塁打となった。「スイングを崩されるので(シフトは)気にしないようにした」。対戦前に宣言していた通り自慢のパワーでデータ野球を粉砕してみせた。

体重100キロ。今大会でも最重量級の恵まれた体に、冬は筋力アップで磨きをかけた。ウエートトレはチームで月に2回、専属トレーナーから指導を受けており、初動負荷やスクワットの器具も充実。入学時に65キロだったベンチプレスを100キロまで上げる成長をとげた。

「こすった打球でも(外野手を)越えてくれるようになった」。その成果を甲子園でしっかりと示した。「狙える場面では狙っている。ホームランは次の試合で打ちたい」。プロ注目の“能登の怪物”が打線の核として、勝利に導く一発も狙う。

▼中日・中田宗男アマスカウトディレクター
「パワーと柔らかさを両方持っている。内角を速球で攻められたときに引っ張り込めれば、プロでも十分やっていける」


(3月24日 センバツ2回戦 日本航空石川 10-0 膳所)



上田君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:03│ 中日 
ドラフトニュース検索