ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

阪神、藤原恭大(大阪桐蔭)を最上位評価も・・・

2018年03月27日

3/27、スポーツニッポン1面より

藤原 恭大 (大阪桐蔭高・外野手)
180cm・左投左打・動画

阪神が現時点で、大阪桐蔭・藤原恭大外野手(動画)を高校生野手で最上位評価していることが26日、分かった。藤原はこの日、第90回記念選抜高校野球大会2回戦・伊万里戦に4番・中堅で先発出場し、2安打2得点と貫禄を示した。

チームの補強ポイントは高校生内野手と即戦力投手だが、球団幹部は「ポジションにこだわらなければ、今年の高校生野手で一番の素材は大阪桐蔭の藤原選手でしょう。走攻守三拍子を持ち合わせる好選手。2~3年後には間違いなく主力になれる力を持っています」と評価した。

50メートル5秒7、遠投100メートル、高校通算21本塁打・・・。常勝軍団の大阪桐蔭で1年夏からベンチ入りし、甲子園出場は今春で実に通算3度目となる。

ただし最上位評価は必ずしも1位指名には直結しない。今オフの阪神で戦力バランスを俯瞰して考えるならば、まずは高卒内野手と即戦力投手の補強を優先する必要がある。純粋にその年に最高評価の選手を指名するのか、それとも補強ポイントを優先するのか・・・。

阪神は、いずれのケースにも対応できるように、藤原以外にも高校生野手では大阪桐蔭・根尾昂(動画)報徳学園・小園海斗(動画)早実・野村大樹(動画)らを上位候補に挙げるとともに、大学、社会人の即戦力投手のリストアップ作業にも余念はない。



藤原君のスカウト評はこちら

藤原君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:05│ 阪神 
ドラフトニュース検索