ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

あのドラフト選手は今、大田原隆太(ドラフト4巡目)

2018年04月07日

毎日新聞websiteより (source)

2005ソフトB高校ドラフト4巡目 大田原隆太
都城工高・投手・18歳

宮崎県警察学校(宮崎市)で6日に開かれた警察官と警察職員の入校式で、この春、新規採用されたプロ野球・福岡ソフトバンクホークスの元投手、大田原隆太巡査(2005ドラフト4巡目)も式に臨み、入校生75人を代表して宣誓文を読み上げた。「将来は刑事として県民の安心で安全な生活を守りたい」と意欲を燃やしている。

大田原巡査は同県都城市出身。県立都城工高では190センチの大型左腕として活躍し、3年生だった2005年夏の宮崎大会3回戦で無安打無得点を達成するなど8強入りの立役者になった。同年秋のドラフト会議の高校生の部でソフトバンクに4位指名されたが、けがに悩まされ1軍に上がることなく12年に引退した。

引退後は宮崎市のスポーツクラブに勤務。NPO法人ホークスジュニアアカデミーのジュニアコーチも務めていたが、スポーツクラブ会員の警察官に仕事の話を聞いて感銘を受けた。宮崎県警が16年度採用試験から従来27歳だった年齢制限を30歳に引き上げていた幸運も味方し、一念発起して試験に挑戦。2回目で合格を決めた。

式ではかつてのユニホーム姿に引けを取らないりりしい制服姿。郷治知道県警本部長を前に「不偏不党かつ公正に職務にあたることを誓います」と高らかに宣誓文を読み上げた。警察学校で逮捕術や法学を学び、来年1月から配属される。




下は2005高校ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。大田原隆太は4巡目指名入団。プロでの成績はこちら

ソフトバンクの2005高校ドラフト指名選手
1巡目荒川 雄太日大高捕手
2巡目指名権なし
3巡目大西 正樹神戸国際大付高投手
4巡目大田原 隆太都城工高投手
5巡目川口 容資楊志館高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00│ あのドラフト選手は今・・・ | ソフトバンク
ドラフトニュース検索