ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

スカウトの逆襲、東洋大の150キロ右腕3人衆

2018年04月09日

4/9、日刊ゲンダイ38面「スカウトの逆襲」より

甲斐野 央 (東洋大・投手)
187cm・右投左打・動画

投げては初勝利、打っては2戦連続となる本塁打をサイ・ヤング賞右腕のクルバーから放つ。エンゼルスの大谷(2012日ハム1位)が最高のメジャーデビューを果たしたことで、わたしがどれだけ悔しい思いをしたか。

一昨年の日本ハムのアリゾナキャンプでは、フェンス越しに大谷を追い掛けたし、日本の球場でも自分の存在をしきりにアピールした。大谷が知り合いのコーチと談笑しているときには、大声でコーチの名前を叫んだこともある。一緒に話をしている大谷も、こちらを振り返ると思ったからだ。

「欲しいと思った選手には、偶然を装ってでも会え。それがスカウティングだろ!」。GMにはかつて、こうハッパをかけられた。タンパリングがバレれば自分のクビが飛ぶ米球界の編成責任者ですら、ルール違反スレスレの行為を奨励するほどだ。わたしはかつて、選手の奥さんから「どこへ行っても会いますね」と嫌み半分で言われたこともある。

それはともかく、どのメジャー球団のスカウトより大谷を追い掛けたという自負があるし、GMには「感触は悪くない」、「脈はありますよ」などと言っていた手前、本拠地が東海岸というだけで面談すらかなわなかった悔しさはハンパじゃない。

今年こそ、狙っている西武の菊池雄星を何とか獲得できないかとアレコレ知恵を絞っていたら、手元の携帯が鳴った。日本にいる情報提供者からだった。

聞けば今年、日本のプロ野球のドラフト対象となる大学生に優れた投手がいるという。確か「トウカイ」、いや、「トウヨウダイ(東洋大)」だった。そこの投手3人が150キロ以上の速球を投げ、体も強いらしい。そのうちのひとりは3月のオープン戦で98マイル(158キロ)をマーク、あとの2人は95マイル(153キロ)と94マイル(151キロ)だったという。

その日本在住の情報提供者のスピードガンでこれまでの最速は大谷の101マイル(163キロ)。大谷に続くのは楽天の則本の98マイルだったから、東洋大の投手は則本に匹敵するスピードボールをもっていることになる。

それだけの速球を投げる投手を、日本のプロ野球界が放っておくはずはない。今年のドラフトの目玉投手に違いないが、将来、プロ野球で活躍するようなら当然、メジャーも視野に入ってくる。早い段階からマークしておくべきだし、今度、菊池を見に日本に行ったとき、東洋大にも足を延ばそうと思っている。

(メジャーリーグ覆面スカウト)




甲斐野君(東洋大)のピッチング動画はこちら

梅津君(東洋大)のピッチング動画はこちら

上茶谷君(東洋大)のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:00│ 大学 
ドラフトニュース検索