ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

ドラフト有力候補に挙がった岸潤一郎は今・・・

2018年04月20日

東スポwebsiteより (source)

岸 潤一郎 (明徳義塾高・投手)
175cm・右投右打・動画

一度は諦めかけた夢を取り戻し、岸潤一郎(動画)は高校時代を過ごした四国で再び白球と向き合っていた。「4度甲子園に出たからといって、全部過去の栄光ですよ。大事なのは今じゃないですか。ここからNPBを目指す。それが今の目標です」。

かつて甲子園を沸かせた二刀流エースは今季から所属する四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスで充実した日々を送っている。

大谷の2学年下となるが、甲子園での実績は本家をしのぐといっていい。大谷は花巻東で2年夏と3年春に2度出場しているが、いずれも初戦敗退。2年夏は帝京戦で5回2/3を投げて自責点1、3打数1安打。3年春は大阪桐蔭の藤浪から本塁打を放ったが、投手としては8回2/3を投げ11四死球、9失点(自責点5)で自滅した。

一方の岸は甲子園に4度出場し、投手として通算6勝。打者として39打数11安打(打率.282)、5打点、1本塁打の成績を残している。そんな岸を有名にしたのは大阪桐蔭との死闘だ。「甲子園で3回対戦しましたけど、特別意識していたわけじゃないです。ただ、ここに勝たなきゃ全国制覇はできない。チーム全体として、そういう雰囲気はありました」

1年夏、4番・右翼兼投手として初の甲子園に臨んだ岸は準決勝でその年春夏連覇を成し遂げ、今でも史上最強チームとの呼び声が高い大阪桐蔭と対戦。エース藤浪の投じるスライダーに、手も足も出なかったと振り返る。

「練習試合ではヒットも打ったんですよ。でも、甲子園のマウンドに立つ藤浪さんはめちゃめちゃでかくて、距離がすごく近くに感じた。ただただ強かったです」

翌年の夏、今度は1学年上の現西武・森友哉捕手と再戦。森に2安打を浴びるも5-1でリベンジを果たす。「森さんには2本打たれましたけど、どん詰まりとポテンヒット。あの年、森さん以上のバッターはいなかった。森さんを2本に抑えた時点で、勝つという予感はありました」

甲子園の大舞台で1勝1敗。エース、4番、そして主将として迎えた最後の夏、岸の前に立ちはだかったのはまたしても大阪桐蔭。1-5で迎えた9回二死一塁。打席に入った岸は覚悟を決める。

「3度目の対戦でラストバッター。絶対(映像が)残ると思ったから、とにかくかっこ悪い終わり方だけは嫌だった。(エースの)福島の初球はいつも変化球だったのに、最後の最後だけ真っすぐ。打った自分が一番驚きましたね」。幾度も立った甲子園のバッターボックス。その最後の打席で、打球はレフトスタンドに飛び込んだ。

大会後に開催されたU-18日本代表に選出され、アジア選手権では「6番・左翼兼リリーフ」として日本の準優勝に貢献。10月の長崎国体では1回戦の沖縄尚学戦でサイクル安打を記録するなど投打の活躍で優勝を果たす。

進学した拓殖大でも1年春から「3番・DH」のレギュラーとして全試合スタメン出場。投手としても救援で3試合に登板し、順風満帆だった。ところが、右ヒジを故障して2年の夏にはトミー・ジョン手術も経験。人間関係にも悩み、3年の昨秋、ついに中退を決意する。

「いろいろな思いがあるけど、自分がまだまだ未熟でした。野球は辞める覚悟だったんですが、高校のとき(明徳義塾監督の)馬淵さんと『お前は下位で行くような男じゃない。いつか1位でプロに行くんだ』と約束した。やっぱりまだ、自分の可能性を捨て切れなくて」

声がかかった独立リーグの徳島にトライアウトを経て入団。同じ四国ということもあり、恩師である馬淵監督からは「今野球ができる環境があるなら頑張ってみろ。応援に行くから」とエールをもらったという。3月31日に開幕した同リーグには投手登録となっているが、これまで登板はなく野手として出場中。栄光と挫折を味わった男は今、次のステージへ歩を進めている。



岸君の高校時代のスカウト評はこちら

岸君の高校時代のピッチング動画は
こちら

draftkaigi at 11:33│ │高校 
ドラフトニュース検索