ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る

広島高卒2年目・アドゥワ誠、9試合連続無失点!

2018年04月23日

4/23、デイリースポーツ1面(広島版)より

2016広島ドラフト5位 アドゥワ誠
松山聖陵高・投手・18歳

3連敗の中でも、明るい材料があった。アドゥワ誠(2016広島5位)が無死満塁と絶体絶命の場面を抑え込むなど2回を無失点。ピンチ脱出を「たまたまです」と謙遜した右腕は「低めに投げればゲッツーの確率も上がるので、そこだけ意識した。今日は低めに投げられたと思う」と納得の表情を浮かべた。

冷静に、196センチの長身から磯村のミット目掛けて腕を振った。出番は1点ビハインドの七回無死満塁。動く直球を使いながら、京田を低めチェンジアップで空振り三振に斬ると、続くアルモンテも外角低めチェンジアップで二ゴロ併殺。「それだけは自信がある」という変化球を決め球に窮地をしのいだ。竜党のため息を背に、ナインからねぎらわれベンチへと戻った。

「ランナーがいないと思って投げろ、と周りからも言われていたので、開き直れた。自信になります」。八回もモヤ、平田、亀沢を三者凡退。4日のプロ初登板からこの日で9試合目。計10回2/3を防御率0.00と無失点投球を続けている

日に日に存在感を際立たせる高卒2年目。緒方監督は「よく頑張ってくれた」と称賛し、畝投手コーチも「ストライク先行で投げて、よく切り抜けてくれた。大したものだ」と高い評価を口にした。

1年目の昨季は1軍経験がなかったが、今春キャンプは1軍スタート。「体が前に突っ込みがち。そこを意識して、極端に言うとたたきつけるイメージで」と角度を生かすことや、制球力を得るためにテークバックをコンパクトにするなどフォーム固めに尽力してきた。キャンプ最終日には監督賞を受け、オープン戦でも結果も残し開幕1軍。ここまでたどり着いた。

現在は全てビハインド時の登板。快投を続けることで信頼度を上昇させ、リリーフ陣の中での序列も上げていきたい。「(点を)取られる時は来ると思うけど、やることは変わらない。低めに投げきることを徹底してやっていきたい」と決意を新たにした右腕。惑うことなく、結果を残し続ける。

(4月22日 セ・リーグ 中日 3-2 広島)




下は2016ドラフトで広島が指名した選手です。 5位・アドゥワ君のスカウト評はこちら

広島の2016ドラフト指名選手
× 田中 正義    
× 佐々木 千隼    
1位 加藤 拓也 慶応大 投手
2位 高橋 昂也 花咲徳栄高 投手
3位 床田 寛樹 中部学院大 投手
4位 坂倉 将吾 日大三高 捕手
5位 アドゥワ 誠 松山聖陵高 投手
6位 長井 良太 つくば秀英高 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:08│ │広島 
ドラフトニュース検索