ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

日ハムドラ1・清宮、2軍で5戦4発と本塁打量産

2018年04月27日

4/27、サンケイスポーツ5面より

2017日本ハムドラフト1位 清宮幸太郎
早稲田実・一塁手・動画

日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(動画)が26日、イースタン・リーグ、楽天戦で2試合ぶりの本塁打となる4号ソロを放った。プロ1、2号を放った20日のロッテ戦から数え、5試合で4本の固め打ち。この日は3打数1安打1打点で4-2の勝利に貢献し、チームの連敗を10で止めた。

打球は美しい放物線を描き、右翼後方の芝生席へあっという間に着弾した。初夏を思わせる陽気の中、鎌ケ谷のファンが清宮の2試合ぶりの一発に酔いしれた。「うまくタイミングを取れて、いい感じに打てた。毎試合毎試合、毎打席毎打席、気持ちを込めてやっています」

一回だ。1軍で通算17勝を挙げている9年目右腕、戸村が投じた143キロの内角直球を捉えた。「いったな、とは思ったけど、詰まったのでちゃんと走りました」。これで1号を放ってから5戦で4発と量産。天性のホームランバッターのスイッチが完全に入った。

豪快なアーチだけではない。三回の第2打席。外角低めの直球で空振り三振すると、球審に「ボールですか?」と確認した。見送っていれば際どいコース。プロのストライクゾーンを把握しようとする繊細さもある。

この日は1軍の栗山監督の57歳の誕生日。清宮は知らなかったが、報道陣から「いいプレゼントになった?」と問われると「そうですね」と笑った。日本ハム2軍は連敗を10でストップ。清宮にとっては、プロで出場した公式戦で初勝利とあって「勝つと気持ちいいですね」と汗をぬぐった。

札幌で栗山監督は、昇格時期について「それは分からない。1つだけ間違いなく言えるのは、ベンチに座っていてはいけない。今は野球をやるべき」と語り、明言はしなかった。

2軍は28日からDeNA3連戦で、清宮も帯同する見込み。その後の1軍は、5月2日から本拠地・札幌ドームでの5連戦を控えている。清宮は「全力でやれば、おのずとそういう結果(1軍昇格)がついてくる」と先を見据えた。

試合後は約1時間の特守とフリー打撃などを行った。練習漬けの日々。「今のうちにいろんなことをやっておきたい」。この調子が続けば、1軍デビューの日も遠くはなさそうだ。

(4月26日 イースタン・リーグ 日本ハム 4-2 楽天)



下は2017ドラフトで日ハムが指名した選手です。1位指名・清宮君のスカウト評はこちら

日本ハムの2017ドラフト指名選手
1位清宮 幸太郎早稲田実高内野手
2位西村 天裕NTT東日本投手
3位田中 瑛斗柳ヶ浦高投手
4位難波 侑平創志学園高投手
5位北浦 竜次白鴎大足利高投手
6位鈴木 遼太郎東北学院大投手
7位宮台 康平東京大投手


draftkaigi at 07:04│ │日本ハム 
ドラフトニュース検索